#エデュケーション

【アーツジュニアモンテッソーリ・プレスクール】
日本人園長が温かく見守るインターナショナル・プレスクール

探求心と自主性を自然と身に着ける学びの場
ヴァイオリンや体育などエンリッチメントも充実

「モンテッソーリ」と「STEAM」をミックスした独自のカリキュラムで、子どもの感受性を育むプレスクール。
幼児教育歴約40年のベテラン日本人園長が、園児の自立心を大切にしながら、愛情込めて成長を見守っています。

当園が誇る充実のエンリッチメントクラスでは、追加料金ナシでヴァイオリンや様々な体育アクティビティを実践!
刺激いっぱいな日々を送る子どもたちの心と身体は豊かに成長していきます。

日・英・中の3言語環境で無理なくトリリンガルを目指しつつ、世界の行事を体感する様々なイベントを通して、グローバルな感覚も磨かれます



伝統的な衣装や食事を楽しみながら多文化理解を深める。










ハロウィン

「グレートワールドシティ」で行われたハロウィンのスタンプラリー企画。
保護者の企画運営で交流も深まり、「AJM」ファミリーの輪が一層広がるイベントに。
民族衣装など、さまざまなコスチュームで「はい、チーズ!」。









\羽ばたけ、世界へ!/
多文化理解を深める教育

日本をはじめとした各国のイベントを季節に合わせて開催!
子どもたちは感覚的に楽しみながら行事を経験することで、異国文化への理解と共感を自然と深めていく。





園内をちょっと覗いてみよう

モンテッソーリクラス「数教育」

数を学ぶ「モンテッソーリ教具」は、数量が具体物で表され、手で扱える工夫がいっぱい! 感覚の敏感期にある幼児だからこそ、棒やビーズをひたすら並べたり、分類したりを純粋に楽しみながら数の面白さを知り、感覚的に理解へと導いていくとか。子どもたちにとってこれは“遊び” の一環。こうして自分の身に沁みこませた数の概念は、生涯にわたりひらめきを与えてくれるといいます。



上の写真は「割り算の教具」。
「大きな数を何人に分けるか」という割り算のコンセプトを、実際に木でできた小人さんにビーズを分配しながら学べる教具。これを用いて千の位までの割り算を理解できる仕組みに。



モンテッソーリクラス「日常生活の練習」

掃除や縫物、花の水替えなど、日常生活の練習を通し、基本運動と理解する力を身に付ける活動。丁寧な所作を身に付け、自分でできることが増えると、人格の成長にもつながります。また、手指を動かす訓練は前頭葉を刺激して知性を育みます。



上の写真は「お料理」。パフェのスポンジを作っています。
自らの手を動かして、自分たちが食べるものを作ることは、学びが詰まった大切な日常生活の練習。園には子ども用キッチンを完備。




ももよ園長に会いに行ってきました!
「文化教育」で世界の素晴らしさを伝えたい

幼児教育のエキスパートとしての頼もしさと、どんな相談にも耳を傾けてくれる親しみやすさを併せ持つももよ先生。教室で園児と過ごす時間を大切にしているので、全園児の名前はもちろん、性格や傾向もご存知とか。だから我が子が心配で、見学に来たママさんの不安にもしっかり向き合ってくれるんです。



おおらかに、そして的確に。「みんなが思う普通の『枠』に入れなくてはと焦るママの気持ち、分かります。でも私は思うんです、みんな一緒でなくていい」

ももよ先生が30年に及んで実践してきたモンテッソーリ教育では、一斉教育はしません。一人ひとりが自主的にやりたいことを見つけ、満足するまでやり切ることで人格が育まれていくといいます。

「園で一番力を入れているのは、文化を学ぶこと。今はちょうど『生命のおこり』というプロジェクトワークをしています。宇宙のビッグバンを、桶に溜めた水に墨汁がどんどん広がっていく様子で表現し、細かく切った紙をチリやガスに見立てて水上に散りばめると……紙がどんどんくっつき、チリが集まって地球ができていく! 子どもたちはもう夢中です。この後も地球そして生命の誕生について趣向を凝らしながら伝えていきます。こうした活動を通して、子どもたちはたったひとつの地球の大切さに気付いていくんです」

遊びを学びに変える豊かな教育環境づくりに尽力するももよ先生。生徒たちの興奮した様子を楽しそうに語ってくださいました。
👉モンテッソーリ教育などの詳しい情報はこちらから




ママの声

エミリアちゃんのご両親
一人ひとりの個性や自主性を尊重して大らかに見守ってもらえるところが娘にはとても合っています。モンテッソーリ教育による自立のサポートで、身の回りのことやお手伝いも積極的にやってくれるように! 中国語やヴァイオリンにも日常的に触れる環境なのでこれからが楽しみです。



ゆうせい君のご両親
算数の計算や図形、英語や中国語はもちろん、世界の国々、生物、宇宙、時事ニュースに至るまで、幅広いジャンルにわたって幼稚園で学んできて、家に帰ってくると嬉しそうに話してくれます。しかも、それらをいわゆる「勉強」という形ではなく、遊びの延長のような形で楽しく習得しています。とても広くて遊具が充実したインドアプレイグラウンドも息子のお気に入り。毎日思いっきり体を動かせるのもありがたい限りです。Arts Junior Montessoriのおかげで、息子の世界が拡がっていっているのを感じており、感謝しています。



あおい君、すい君、たまきちゃん、つむぎちゃんのご両親
個性を大切に、「やりたい!」を育てるモンテッソーリ教育は、我が子にとても合っているようです。昨年卒園した長男は、将来の夢はバイオリニスト。毎朝、自主的に練習に励んでいます。次男はアートが大好き。部屋中にカラフルな作品を飾り楽しんでいます。自然に数、英語や中国語を理解し、自信に満ちたキラキラの笑顔で帰宅してきます。長女、次女は、どんな「やりたい!」が見つかるか、今からワクワク楽しみです。



たいが君とママ
やる気を育てる環境が整備されていて、一人ひとりの「やりたい」を尊重してもらえます。だから、英語も中国語もバイオリンも楽しみながらできるようになりました。広い室内プレイグランドで思いっきり体を動かし、日本語モンテッソーリでは、日本の行事、歴史、時事ネタなど様々なことを学んでいます。「やりたい」ことをいっぱいやらせてもらえて、驚くほどの成長をしています。



すばる君、かのん君のママ
幼稚園に全面的にお任せしています。英語も中国語もしっかり身についてきており、また、トイレットラーニングまでも完了! それぞれの子どもの個性に合わせてくれるので、いつの間にか子どもが大きく大きく成長していて驚かされます。



小塩奈緒さん・鈴奈ちゃん
モンテッソーリ教育は、先生がこれをやりましょうではなく、本人がやりたい教具を自由に選び、興味があることに取り組ませてもらえるところが魅力です。集中力がつき、家でも黙々と何かに取り組んでいます! 給食は日本のお米を使っており、いつもご飯のお代わりをしているそう。室内にプレイグラウンドがあるので、雨の日でも元気いっぱい遊べるのが嬉しいです。バイオリンレッスンも楽しんでいて、弾ける曲が増えると家でも披露してくれます。



安田菜穂子さん・裕くん
「やりたい!」を自由に選択できる“モンテッソーリタイム”が息子は大好き。園には数や言葉を遊びながら学べる教具がいっぱい。先生たちは意思や個性を尊重してく れ、「できた!」という達成感が感じられるまで見守ってくれます。学びと体験をセットにした発展的な学習方法、プロジェクトワークでは好奇心がムクムク! 日英中、まんべんなく使い分ける環境も魅力。お米が中心の手作り給食は、息子からも「おかわりしたよ」と好評です。





●幼稚園情報

ロケーション レッドヒル地区
対象年齢 18か月~6歳
入園料・保育料(月額) 施設費、教材費、食事代、エンリッチメントクラスを含む学費は以下
■登録料$500
■保証金$1,900
■保育料
週3日 $1,050(9:00~15:00)
週5日 $1,250(9:00~15:00)/$1,430(9:00~16:30)
週6日 $1,430~$1500(7:00~19:00)

※スクールバスのアレンジ可。バス代別途
(降園バス時間:15:00、16:30、18:00)
使用言語/学習言語 英語、日本語、中国語で学ぶトリリンガル教育





DATA

レッドヒル本校 11 Chang Charn Rd Shriro House #02-02
チャンギ提携校 1 Changi Business Park Crescent #01-01
電話番号 9185-8804(日本語可/両校共通)
Email info@artsjuniormontessori.com
WEBサイト
SNS
● レッドヒル本校
www.artsjuniormontessori.com

● チャンギ提携校
www.twinklekidz.com

FB: Arts Junior Montessori
その他 日本語での案内/見学を受付中!
予約はメールまたは TEL(9185-8804)にご連絡ください

※2022年12月1日時点の情報です。


注目のお店 こちらもおすすめ