#ライフスタイル#医療

【EAGLE EYE CENTRE イーグル・アイ・センター】
大人から子どもまで「視力矯正」は眼科専門クリニックへ

眼科のスペシャリストが集結
頼れるドクターによる効果的な「視力矯正」

2006年に創設され、現在島内7か所にクリニックを展開し、14名の眼科医、100名のスタッフが従事する眼科専門クリニック「イーグル・アイ・センター」。
King Albert Park院は、メガネ屋も併設。



「EAGLE EYE CENTRE」の創設者であり、メディカルダイレクターのDr. Julian Theng。



近眼の治療を受けるシンガポール人のなんと約80%がこちらに通っているとか。最新レーザーを使用する「レーシック手術」の症例件数は毎年4千人を超え、スタッフたちは豊富な経験と確かな技術を持っています。(※レーシック手術 $3,400~)片目わずか5 分というスピーディーな施術で患者の負担を軽減、アフターケアも万全です。下記写真は、最先端の医療設備が整うレーシックの処置室。



さらに次世代の視力矯正手術「リレックススマイル」や「ICL」(コンタクトレンズを目の中に埋め込む処置)なども可能です。
また、お子さんの視力矯正プログラムにも注力。睡眠中に装着する特殊なコンタクトレンズによる視力矯正「オルソケラトロジー治療」や、近視の抑制に効果がある「低濃度アトロピン点眼薬」など、一人ひとりの症状に合わせた治療を提案してくれます。説明は模型を使って分かりやすく。



緑内障や白内障、網膜剥離など、目の怖い病気も専門医にご相談を。 子どもから大人まで幅広い患者をケア。適正な費用で信頼の治療が受けられることでクチコミによる来院者も多いとか。疾患による治療は、保険使用可能なので、受診の際は保険証をお忘れなく。




診療科目

● 近視、遠視、乱視 ● 白内障 ● 緑内障 ● 角膜(ドライアイなど) ● 網膜
● 眼球 ● 眼瞼疾患(ものもらいなど) ● 斜視、弱視 ● 神経眼科 ● 小児眼科 など





院長のDr. Julian Thengからひとこと

Eagle Myopia Control Program for Children
お子さんの視力矯正プログラム

「イーグル・アイ・センター」では小児の視力回復を目的としたプログラムを用意。今回は2つの治療法をご説明します。お子さんの視力矯正など、お気軽にご相談ください


低濃度アトロピン治療
6~12歳における近視の進行抑制を目的とした点眼治療。シンガポール国立大学の臨床試験で効果が証明され、現在は日本の眼科でも治療に取り入れられています。アトロピン配合の点眼薬には近視の成り立ちとなる眼軸の伸長を抑制する効果があるとされており、夜寝る前の点眼を数年継続して行います。


オルソケラトロジー治療
一般的なコンタクトレンズとは異なり、特殊なデザインの高酸素透過性コンタクトレンズを寝ている間に装着することで、睡眠中に角膜の形状が正しく矯正され、日中を裸眼で過ごすことができる近視矯正治療。現在、世界各国でその安全性と有効性が認められており、日本でも厚生労働省に承認されています。子どもから大人まで効果があるので、興味のある方はご来院を。






病院の情報

住所 ◎ King Albert Park
9 King Albert Park #01-42/43/44 KAP Residences Mall
電話番号 6475-1000
Email email@eagleeyecentre.com.sg
診療時間 月~金 10:30~19:30
土 10:00~14:00
休診日 日曜
Webサイト
SNS
https://eagleeyecentre.com.sg
その他 ※各院の詳細はWEBをご覧ください
◎ Mt Alvernia ◎ Mt Elizabeth Orchard ◎ Parkway East
◎ Mt Elizabeth Novena ◎ Westgate ◎ Royal Square at Novena

※2020年4月1日時点の情報です。


注目のお店 こちらもおすすめ