#キャリア#ビューティー#ライフスタイル

【1degreec.com.sg】
夫とコーヒーブランドを立ち上げたシニア起業家・モデル
「年齢を重ねるごとに輝きたい」Interview with Ong Bee Yan

Ong bee yan

「年齢に縛られてはいけない」

起業家であり、モデルであり、インフルエンサーでもあるOng Bee Yanさんは、シンガポールのシニア世代の代表。

60代で大好きなカフェ巡りからコーヒービジネスを始めたと思えば、一流ブランドの服を颯爽と着こなす。
華々しい活躍の一方、その素顔はどこまでも自然体で、妻そして母であることが最優先。
そんな素敵なYanさんに、PARTIが日系メディアとして初めて独占インタビューをさせていただきました!

Started coffee brand, “1°C”, with her husband – Elderpreneur – in Singapore.
“Want to shine more as I age”
Yan san is also a model, and we had a great opportunity to interview her!

“Never let age define your passion”
Entrepreneur, model and also an influencer, Ms. Ong Bee Yan is truly a Key Opinion Leader (KOL) of her generation.
She always loved cafe hopping and that’s why she started this business when she was in her 60s.
She dresses popular brand items as a model.
She is very successful, yet she is very friendly to everyone and her priority in life is very clear – she is a wife and mother.
This time, Parti had a great opportunity to interview her – very first one with a Japanese media.



Ong Bee Yan

シンガポールで「1°C(1degree C)コールドブリューコーヒー」のブランドを始め、商品開発からPRまで担当されているYanさん。
モデルとしても活躍されており、ESTEE LAUDER、Kate Spade、H&Mなどのモデルとしても起用されました。
そんなバイタリティ溢れるYanさんの魅力に迫ります。

Ms. Ong Bee Yan has established “1°C” in Singapore and been involved in product development and PR for the brand.
She has modelled for Estēe Lauder, H&M, Kate spade etc.




目次

  1. 1. 1°Cってどんなブランド?(About 1°C)
  2. 2. 夫婦でビジネスをするという決意(Starting a business with my husband)
  3. 3. パートタイムモデルであり、Granfluencer「Grey revolution」として発信していく意味とは?(Purpose of being a Granfluencer as Grey revolution)
  4. 4. パルティ読者限定プロモーション!(Promotion for Parti readers!)
  5. 5. Contacts


1°Cってどんなブランド?(About 1°C)

1degreeC

Question 1

1°Cはどういうきっかけで始めることにされたのですか?
ブランドについて詳しく教えてください。

Tell me about 1°C – how did it start?

1°Cは2016年に始めた、コールドブリューコーヒー・ティーのオンラインブランドです。
夫が某I T企業からリストラにあい、仕事を失ったことがきっかけで、 夫婦でビジネスをしてみようということになり始めました。

元々、夫婦で色々なカフェ巡りをするのが好きで、それをよく知る娘が、
「冷水で出すコーヒーが今きてるよ!」
という一言から、アイデアを出し合い、商品開発へと繋げていきました。

また、これなら家で小規模ビジネスとしてできるということで準備を始められたので、そこは大きなメリットだと考えました。
初期投資が少なくて済んだので良かったと思います。

もちろん、起業する準備として、夫婦で様々なコースを取って勉強したり、周りにテイスティングをしてもらったり、ファイナンスを考えたりしました。


1°C was established in 2016.
It’s a online cold brew coffee & tea brand.
My husband used to work for an IT company and got retrenched.
That triggered the idea of “why don’t we start our own business?”
We always loved cafe hopping, and my daughter said to us, “Cold brew coffee is hot right now!” so we thought about it and came up with our products.

Also, we thought that this was a good idea since we could start small from home – initial investment can be small as well.

Of course, as to prepare for this business, we both took some courses to study and asked others for tasting our products and thought about finances of the business carefully.



Question 2

1°Cの商品へのこだわりを教えてください。
Tell me more about the products that 1°C carries

1degreeC

ビジネスをするにあたって、一番大切なことは“自分の商品がいかに魅力的で、自信を持って勧められるか”だと思っています。

It is very critical how much you believe in your products, and you are able to promote your products with confidence / your products must be attractive.


1°Cの商品はまず、“冷水でコーヒーやお茶を作る”ことで、熱湯で出したものよりも体に優しいんです。
そして、冷たい飲み物なので、ガラス瓶に詰めることができ、短期間なら保存が可能というのもビジネスをするという意味では利点でした。
また、その瓶をリサイクルできる、環境にやさしいというコンセプトも私たちの価値観と一致するものです。

First, our products are cold brewed – so it is good for your health compared to the ones brewed with hot water.
It is a cold drink so we could pour it into a glass bottle. It can be stored for a short period of time. In addition, we can recycle those bottles. The idea of running an environmentally friendly business resonates with us.

カフェ巡りが好きなので、フレーバーについては私が色々と提案を出し、商品開発を務めました。

We love to visit coffee places, so I was heavily involved in our product development (coming up with variety of tastes) .

元々は個人への販売よりもB to Bのビジネス展開をしてきました。
起業のパーティなどで使っていただいたり、ローカルの新しいカフェができるたびにそこにアプローチして置いていただいたり。

今では少し規模が大きくなったので製造は場所を借りて行っています。

デリバリーサービスも行っていますので、ぜひご家庭で楽しんでほしいと思います。

At the beginning, we ran a B to B business.
Some companies used our service/products at their office parties, and we would approach to new local coffee shops so they could sell our drinks. Now we offer delivery service so you can enjoy your products at home.


夫婦でビジネスをするという決意
Starting a business with my husband

Question 3

このビジネスを夫婦で立ち上げられたとのことですが、不安などはありませんでしたか?

You have decided to run this business with your husband.
Were you reluctant? Or maybe worried?

1degreeC

私が商品開発をしたことで、夫に一緒にビジネスをして欲しいと言われました。
喧嘩もするでしょうし、初めは断りましたが、結局、「1°Cを始めることで夫婦関係が破綻しそうになったら、ビジネスを直ちに辞めること」と約束した上で、一緒に立ち上げることにしました。

ビジネスよりも何よりも大切なのは私たち夫婦としての「結婚生活」。
この軸をしっかり決めて、話し合ってから始めたことはとても良かったと思っています。

Because I was involved in a product development, my husband asked me to run the business together.
We would have some fights, I assumed, so I said “No” initially.
However, we have promised to each other that if our business was to ruin our marriage in any way, we would immediately stop running this coffee business.
Marriage is more important than our business.
Have this central idea was very important to us. It was good that we agreed on this before starting a business.

また、彼は仕事を失った時点でもう54歳でしたから、コンサル業(転職)をするのか、このコーヒーのビジネスをするのか、どっちにする?という会話をしていました。
それでコーヒーのビジネス一本にしたらいいんじゃない?と後押ししたのは私です。

Also, when he lost his job, he was already 54 years old.
“Do you want to pursue your consulting job? Or would you rather focus on this coffee business?” that was the conversation we were having, and I pushed him to focus on the coffee business.


現在夫はビジネス多忙のため腰を痛めてしまって、重いものが持てなくてデリバリーができなくなったので仕事からは少し手を引いており、ビジネスパートナーを見つけてその方にほとんどをお任せしているという状態です。

Recently, my husband hurt his back due to heavy lifting the products for delivery (and the business was so busy), we found a business partner to run the coffee business for the most part.

また、私自身もモデル業や息子が癌の化学療法中であることから、家での時間をしっかり持ちたいと思っています。
なので、私はPRのみを行なっています。

In addition, I am busy with my model job, and my son is going through chemotherapy, I prefer to stay at home and spend more time with my family. Therefore, I only do PR for 1°C.

現在、このビジネスを始めたことで夫はSingapore Management University (SMU) で“シニアも起業しよう”というコンセプトで、時折ではありますが、起業のやり方の話をしに行っています。

Now my husband occasionally gives talks and its concept is “Let’s start business”, targeting seniors.

パートタイムモデルであり、Granfluencer「Grey revolution」として発信していく意味とは?
What is the purpose of being a granfluencer, as Grey revolution?

Question 4

本当に色々なことをされていて、お忙しそうですね!
モデルになられたきっかけを教えてください。

You must be so busy! How did you become a part-time model?

ong bee yan

モデルには1°Cを立ち上げて、ブティックのイベントに参加していた際に、とある服のブランドのデザイナーさんに「モデルになっていただけませんか?」と声をかけられたことがきっかけです。
それを他の写真家の方が見て、声をかけてくださり、色々繋がってお仕事が入ってくるようになりました。

When we started 1°C, we attended a boutique event.
At that time, this designer, making some clothing, approached to me and asked me to be a model for the brand.
After doing the photoshoot, another photographer saw me modelling and asked me to do some other projects. That’s how my job started.

とにかく家族との時間を一番大切にしたいので、メディアからのインタビューはできる限り受けるようにしていますが、撮影を伴うものはクライエントを選んでいます。

モデル業界に詳しくはないので、マネージャーを雇い、彼女が私のモデルの仕事の交渉や契約の管理をしてくれています。

I now focus more on spending some quality time with my family.
Thus, I accept interviews from medias, but I am selective of the modeling jobs.
I am not an expert in the modeling industry, so I have a manager who negotiates and decides my assignments and contracts/jobs.

Ong bee yan

実は私は元々、写真を撮られるのがすごく嫌いで、内向的でした。
息子は放送業界で照明を担当しているのですが、昔は「家族で写真を撮ろうよ!」と言われても断っていた程でした。

「写真を撮るくらい、どうってことないじゃん!」と息子に言われ続け、ずっと頭の片隅にその言葉が引っかかってはいたんですよね。

それで服のデザイナーさんに声をかけられた時に、
「この人は私のことをそんなに知らないのに、機会を与えてくれて、頼ってくれている。
今が写真への恐怖心みたいなのものを乗り越えるいい機会なのかも。
失うものは何もないわ!」

と思えたんです。

歳を重ねてもこうやって形にとらわれず、新しいことにチャレンジしていく精神を持ち続けていきたいと強く思っています。

I used to dislike taking photos and I was much more introvert.
My son does a lighting job at studios, and he used to ask me, “Can we take some family photos”. My answer was always “No”. “What’s the big deal?” he used to say, and that was lingering in my ears for a long time.
When the designer at boutique event asked me to be a model, I thought, this was actually a great opportunity. “This designer doesn’t know me much but still trusts me to represent the products. This maybe a good opportunity to overcome my fear of taking photos. I have nothing to lose!”.

As I age, I want to keep challenging something new.
Age should not be a reason to restrict your behavior.


あくまでも、モデルになりたかったわけではないので、これでキャリアを積んでいこうとは思っていません。
キャットウォークを習いたいとか、そういうことも思っていませんし、いつまで続けられるかも分からないなという気持ちでいます。
成り行き任せという感じですね。

It’s not that I always wanted to be a model, so I don’t see this as my career.
I don’t want to learn how to do a catwalk and I think this as a temporary thing to do.
I just go with the flow.


Question 5

そんな自然体なYanさんがとても素敵だと思うのですが、Grey revolutionとしてモデルや私生活をインスタで発信しているのはなぜですか?
伝えたいメッセージなどはありますか?

I love the fact that you are not arrogant at all, very natural and friendly.
Why do you use Instagram as Grey revolution?
Any messages that you want to put out to the world?

Ong bee yan

私はGranfluencer(シニアのインフルエンサー)であり、同世代の方々のKey Opinion Leader(KOL)にあたるのではないかと思います。

モデル活動を通じて、それを発信することで伝えたいのは、
“外見を美しくすることで内面にも影響が出る、自信がつく”
ということ。

基本的にお化粧が好きなわけではありませんが、肌のケアには気を使っていますし、ファッションも好きです。
カフェに行くにも少しオシャレをするということが好きなので。

I guess I am a granfluencer and also a KOL for my generation. Through my modeling career, I would like to get the message out to the world saying, “When you look good, it will boost your confidence (inner beauty)”.

I don’t like to put too much makeup on, but I care a lot about taking care of my skin and enjoy dressing up. I love the fact that I dress up a bit to go to nice cafes.

とにかく年齢に縛られてはいけないって思っているんです。
年齢ってただの数字だから。
そしていつまでも慣れ親しんだことばかりしていないで、時にはチャレンジ精神をシニアの皆さんにも持っていて欲しいと思っています。

I strongly feel that never let age define your passion.
Age is just a number.
Get out of your comfort zone and challenge something new, that’s the spirit I want all the seniors to have.

実は最近、母を亡くしました。
母も妹も痴呆になってしまい、母を看取るまでの最後の半年間は本当に辛い日々でした。
遺伝的に私もそうなるかもしれない、その時は家族に迷惑をできる限りかけたくないという思いから、心も体も元気に保つために常に色々なことに挑戦して忙しくしています。

Lately, I have lost my mother. She and my sister has dementia.
Last 6 months of being with my mother was very tough.
Genetically, I might have that too eventually and when that happens, I don’t want my family to suffer. Therefore, I try hard to keep myself physically and mentally active and busy.

何歳であっても、失敗したら負けとかって、ないと思うんです。
何かに挑戦して、成功しても、失敗しても、どちらに転んだって絶対に学ぶことがある。

だから怖がらずに、歳をとっても新しいことを学んで、オシャレも楽しんで、人生を輝かせていって欲しいと思います。

Doesn’t matter how old you are, failure is not a defeat.
When you try to do something and either you fail or succeed, you would get to learn from that experience.

So don’t be afraid, continue learn something new, enjoy fashion, and let your life shine more and more as you age.


Question 6

将来の目標とか夢ってありますか?

What are your goals? Dreams?

Grey revolutionとしてはありますよ。
50代以上の方を対象に、有名なコスメの会社などの協力を得て、身なりを整える(メイク・コスメなど)講習会を開きたいなと思っています。
今はまだコロナのこともあるので計画しにくいですが、近い将来できたらいいなと思っています。
他にもまだ色々企画していきたいって思っていますよ。

I have goals for Grey revolution.
I want to plan some grooming events with a well-known company, targeting people over 50.
Because of Covid, it is hard to plan something like that right now but in near future, I want to make it happen. I have other plans too.


今回のインタビューはいかがでしたか?
Yanさんの言葉のひとつ一つがとてもポジティブで、人生色々あっても立ち止まっていてはもったいない!
何歳になっても常に前へ、挑戦し続ける自分でいたいですね。

まだまだ他にもぜひインタービューして欲しい!などご要望がございましたら↓
Partimagazine2021@gmail.com
まで、この記事のご感想などを添えてメールをいただけると嬉しいです。


\PARTI読者限定!/

Promotion!

オンラインショップより $50以上のお買い上げで10%OFF

If you spend more than $50 at the online shop, you get 10% OFF!
Enter “Parti10” at checkout!

※プロモーションコード「Parti10」を入力
※2022年3月31日まで、期間中何度でも利用可
※Valid until March 31st, 2022.



オンラインショップ情報

電話番号 8771-5811
Email sales@1degreeC.com.sg
WEB www.1degreec.com.sg
Instagram @1degreec_coldbrew
@grey_evolution


※2021年12月1日時点の情報です。

 


その他、素敵なインタビューはこちらをクリック。

インタビュー こちらもおすすめ