ライフスタイル

2020年 開運力を UPする!

今年こそ、私を変えたい……!
そのためには何をすればいいの?

古代から受け継がれる東洋の叡智「五術」で
取り組むべきテーマや時期が見えてくる!

「五術は、自分の人生を本気で変えたいと思っている人にこそ効果的!」と語る占術家のAiさん。
そんな五術研究家であり、グリーフケアセラピストでもあるAiさんに、五術で読み解く2020年はどのような物語の中にあるのか、お話を伺いました。




\五術の新しい一年は旧正月から!/

「五術」とは?

五術=Five Arts。中国系シンガポール人の間では広く知られるこの言葉。
「五術」とは、陰陽五行に基づく風水、四柱推命、易学など、アジア圏に伝わる叡智を5つの技術に整理し、集約したものです。


命 (めい)
生年月日時などを用いて、宿命やバイオリズムを占う。四柱推命、紫微斗数。西洋では、西洋占星術のようなもの。


卜 (ぼく)
偶然に現れた象徴を用いて過去、現在、未来を占う。易占ともいう。西洋ではタロット占いと同じような位置づけ。


相 (そう)
五感や物の形状を用いて、その人の状態や運勢を占う。手相、人相、風水など。


医 ( い )
東洋医学と源流を同じくし、陰陽五行を用いて病原を見極め、根源的な代替医療を行う。


山 (さん)
心身を鍛えて健康と長寿を保つこと。食事療法、呼吸法、気功、瞑想など。




巡る・回る・動き出す一年に

2020年は、物語で言えば起承転結の「転」にあたる年で、目の前の世界が年末と年始で変わってしまうくらい、ドラマティックな一年となります。それは個人の中だけでなく、世界も大きく変化します。というのも、2020年は「庚子(かのえ ね)」の年で、「庚」は金の要素を持ち、「子」は水の要素を持っており、陰陽五行では、金は水を生むので、今年は物事が力強く進む年となるのです。

庚(かのえ~金のエレメント)の物語

この物語の誕生は、今年と同じ「庚」が巡った2000年にありました。
この年は「庚辰(かのえ たつ)」年で、この庚はドラゴンの上に乗っています。ドラゴンは十二支の中でも、唯一現実には存在しない動物。昔から龍は天からの使いであり、神の化身でもあります。2000年の庚は、龍を母として誕生しました。この庚とは実際世界では何だったと思いますか?答えは、コンピューター、のちの人工知能AIです。これは人類が今まで手にしたことがなかったもの。この年は1999~2000年に訪れたITバブルのピークに当たります。このときから、インターネットの普及が飛躍的に拡大されましたよね。

次の展開は、2010年にやってきます。
この年は「庚寅(かのえ とら)」の年でした。寅は自然界の象徴であり、生命エネルギーを表しています。五術から読み解けば、庚と寅は喧嘩を始め、おおむねこの年は庚の勝利となります。2010年は、アナログからデジタルへ大きく変化した年。日本で言えば、ガラケーからスマホへの切り替わりの時期でした。

そして、ついに「庚子(かのえ ね)」の年、2020年
この「子」は「水」を表し、庚は水に乗って流れ込み、大きく動き出します。今まで作り上げられたネットワークに、勢いよく、水が流れ込みます。今年は、今まで届かなかったところにまで、ITの力を使って物資や情報が届くようになり、お金も流れ込むでしょう。このような流れから、ブロックチェーンなどの仕組みは、2020年に益々進むことが予想されます。水が滴るように生活にAIが浸透していくでしょう。



2020年に注意すべきこと

今年、注意したほうがよいのは、サイバーテロなど、直接人が関わっていない犯罪や、人が関わっていたとしても、とても人間がしたとは思えない、冷たさを感じる犯罪。そして、SARS(サーズ)など、強力なウィルスによる感染症です。
この庚が躍進する物語は、2040年まで続きます。2045年にAIが人間の知能を超える、と言われていますが、私は5年早まって、この2040年の「庚申」年に、そのときが訪れるのではないかと予測しています。

私たちは、この凄まじい変化とどのように対峙していくのか。それは2050年にヒントがあります。この年は庚午(かのえ うま)の年。この年には、庚の金のエネルギーをコントロールできるくらい強い火のエネルギー、つまり人の熱があるのです。ということは、人がAIには絶対にできないことに情熱を持って取り組んだ結果、人類はスゴイ進化を遂げるってことではないかなと思うのですが、あなたはどう思いますか? 例えばあなたの笑顔も優しさも、その手のぬくもりも、AIには絶対に作り出せませんものね。2020年もあなたの笑顔溢れる素晴らしい一年となりますように!



2020年の風水学

あなたの家に幸せを呼び込む方法
五術の5つの術「命ト相山医」のうち、「相」の中に属する風水。風水鑑定とは、本来、その家ごとにエネルギー、建物の向き、竣工年、周辺環境、その土地の水の流れ、そして住む人を総合的に観て判断するものです。ただ、それとはまた別に、その年ごとにどのようなエネルギーが全体として流れているのか、ということも重要です。
ここでは2020年、すべての人が享受しているエネルギーについてお話します。五術では、万物流転の法則により、吉方位は、年ごとに変化します。2020年2月4日以降の吉方位は、西、北西となります。それぞれの方位に置くとよい物をお伝えしておきます。


POINT ❶
西には赤い物を置くとよいです。ただし、西にキッチンがある家は、ちょっと注意が必要。もし窓や掛けられるところがあれば、金物の風鈴を付けるか、6枚のシンガポール$1コインを置いてください。厄除けになります。


POINT ❷
北西に窓がある家は、今年はとてもラッキーです。ここには赤、黄色、もしくは茶色い物を置くとよいです。焼き物や陶器の入れ物を置くなどしてもよいですね。


POINT ❸
反対によくない方位は、南と東です。南と東、どちらも開口部が大きく開けている場合は、金物の風鈴を掛けたり、白い物を置くようにしてください。白いカーテンもよいですね。南と東にベッドルームがある場合は、頭の下に当たる場所に、6枚のシンガポール$1コインを並べて置いてみてください。シンガポール建国の父、故リー・クアンユー氏が風水師に作らせたと逸話が残る$1コインはお守りになると言われています。よく眠れると思いますよ。



2020年の幸せ人相学

ハッピーフェイスで幸せを引き寄せよう
五術の「相」と「山」にも通じる人相学。人相には、人の精神性、過去の歴史と未来、そして今の健康状態を表す、重要なサインが表れます。2020年は、「庚子(かのえ ね)」年なので、金から水にエネルギーが流れ出す年。今年、気を付けたいことをまとめてみます。


肌と歯のメンテナンスをしましょう
金のエレメントが強くなる2020年は、おなかを冷やしやすく、お肌にも影響が。もともと肌が弱い方、アトピーがある方は、おなかを冷やさないように、冷たい飲み物は控えて、肌もこまめに保湿するなど注意して。また肌は肺とも密接な関係を持っており、特にヘイズの時期は、空気清浄機を導入するなど、肺をいたわるようにしましょう。場所で言えば、第三の目とも言われる、両眉毛の間の「命堂(めいどう)」を綺麗にしておく、というのはとても大切です。ここは大切なエネルギースポットでもあり、2020年、幸せオーラはここから漂います。






Special interview

Art of My Life代表
五術研究家・グリーフケアセラピスト Aiさん

レイモンド・ロー氏により、伝統風水を学ぶ。五術家の山道帰一氏に師事。さらにグリーフケア(悲しみと向き合い共に生きるケア)を学び、シンガポールと日本でセッションを行う。2児の母。


「Art of My Life」の詳しい情報はこちら