#ライフスタイル

【Parti×fermata合同ウェビナー開催レポート】
「はじめまして!フェムテック」をテーマに、盛況のうちに終了

Fermata

女性のウェルネスをテクノロジーで応援する「フェムテック」
話題の「吸水ショーツ」をめぐる対談が大いに盛り上がりました!

2021年10月5日、Parti×fermata合同zoomウェビナーを開催しました。

シンガポールはもちろん、日本や世界各地から40名のお申し込みをいただき、いま注目度急上昇の「フェムテック」を分かりやすくお伝えして楽しいセッションに。
今回はその様子をレポートします! 

フェムテックについて教えてくれたのは……
「fermata SG」カントリーマネージャー 丹野直美さん

fermata webinar

フェムテック専門ECサイトを運営する「fermata SG」についてはコチラ




PART 1:フェムテックとは?

Fermata

まずPART 1では、女性の健康課題や性の悩みをテクノロジーで解決するフェムテックについて直美さんが多角的に解説。

2012年頃にフェムテックという言葉が生まれた背景、
これまで女性の健康がタブー領域として見られていきたこと、
そして現在、ビジネス的にも急成長を遂げていることなど、「なるほど~!」の連続でした。

フェムテックの例として、妊活デバイスや搾乳ブラなどをご紹介。

こちらは排卵日測定デバイス Kegg 2-in 1 Fertility Tracker

fermata


続いてこちらが、ハンズフリー マッサージブラ Lilu



常に世界のフェムテック市場をリサーチしている直美さん。
メーカーのCEOの熱い想いなどにも着目しつつ、「こんな便利なアイテムが!」といつもアンテナを張っているとか。

“あなたのタブーがわくわくに変わるまで”

という「fermata」のコンセプトや事業についてもお話ししてくださいました。




PART 2:Special対談「生理とフェムテック」

対談タイムにはゲストをお招きしました!

食を中心にウェルネスライフを実践するpartiリーダーズの徳沢理絵さん(画面下/www.facebook.com/rie.tokuzawa)。
フェムテックはあまり使ったことがないという理絵さんですが、二人の娘さんのためにもフェムテックの生理用品には興味津々とのこと。

fermata

話題の中心は「吸水ショーツ」。

生理中に、ナプキンやタンポンに頼らず「履くだけ」でOK!
上層部分に速乾吸収素材を数層重ねてあり、吸水可能な構造。
洗って繰り返し使え、お財布にも地球環境にも優しいショーツです。
今年、ユニクロも発売して注目の的に。

Fermata

メーカーによってデザインや素材感はそれぞれ。
ナイロン・ポリウレタン製もあれば、オーガニックコットンのものも。

対談では、実際にサンプル商品に触れながら、そのバラエティーの豊かさを楽しくお伝えしました。



\ここでちょっと/

「fermata SG」で取り扱い中の生理用品をご紹介!

※価格等詳細は「fermata SG」のサイトをご覧ください。

まずは「Period」
デザイン、製造すべて日本で制作することにこだわったハイクオリティ、ハイセンスな製品。

Fermata



「Proof」はアメリカの3姉妹が立ち上げたブランド。最先端の素材を使った多様なデザインを揃えています。

Fermata



「EVE」は韓国ブランド。オーガニックの綿素材にこだわったパンティ。やわらかくて使いやすい月経カップも取り扱い中。

Fermata



「Aisle」は、環境に徹底的にこだわった妥協のないブランド。優しい肌触りの布ナプキンは、肌が弱い方にとくにおすすめ。

Fermata



参加者にも投票機能を使ってその場でアンケートを実施!

Fermata

Q1 吸水ショーツのことを知っていましたか? 
Yes……86%  No……14%

Q2 月経カップのことは知っていましたか?
Yes……90%  No……10%

Q3 生理は憂鬱ですか?
Yes……71%  No……29%

吸水ショーツも月経カップもほとんどの方が知っているという結果に!
そしてやっぱり生理は憂鬱な方が多いようです。



盛り上がったのが吸水ショーツの実験!

Fermata

今回は、日本製「Period」の吸水ショーツで実験しました。

10mlの水をショーツに垂らして、染み出してこないか、吸水したばかりの肌触りはどうかなどを検証。
見事、後ろに敷いた紙に、水は全く染み出ておらず、その機能の高さが実証されました!


その後の対談もヒートアップ!

Fermata

用途や好みによって吸水ショーツを選べる楽しさや、月経カップの使い方など、対談は大いに盛り上がり、まだまだ話し足りない!聞き足りない!と言いつつ、終了の時間を迎えました。



PART 3:Q&A

Fermata

最後に、事前に参加者から届いた質問や、チャット機能に寄せられた質問にアンサー!

Q 吸水ショーツを買うときに気を付けることは?
Q 吸水ショーツに子ども用のサイズはありますか?
Q 月経カップはどうやって洗うのですか? など……

Q&Aの回答が気になる!
対談を聞いてみたかった!
吸水実験を見たかった!という方、
下から録画をご覧いただけますので、ぜひお楽しみください。

※YouTube動画は対談とQ&Aの録画となります

 

まとめ

生理用品は今、ナプキン、吸水ショーツ、月経カップなど、さまざまな選択肢があって、その合わせ技もアリ!と直美さんが教えてくれました。
フェムテックの扉を開くことで、これまで憂鬱に感じていたことも軽やかに乗り越えていけるようになるかも!
そんなわくわくをみなさんと共有できたとしたら、とても嬉しく思います。



フェムテックを試してみたい!と思ったら

ぜひ、「fermata SG」のWEBサイトへ

プロモーションコード「PARTI-10」入力で下記の商品10%OFF

●排卵日測定デバイス Kegg 2-in 1 Fertility Tracker
●ハンズフリー マッサージブラ Lilu

※2021年11月末まで



店の情報

Web: https://sg.hellofermata.com/ja
(一部日本語)

日本語問い合わせ: singapore@hellofermata.com
※商品を実際にご覧いただけるセッションがあります

Instagram: fermatasg
FB日本語グループ: fermatasg
Twitter(日本語): fermatasg



\それからこちらも!/

ウェビナー開催後の振り返りアンケートの結果

11名の方がご回答くださいました。

Q1 – 年齢と性別を教えてください



参加者は全員女性で、30代が45.5%、40代が54.5%でした。



Q2 – 今回のセミナーの満足度はいかがでしたか?



とても満足が72.7%、満足が9.1%、普通が18.2%という結果でした。



Q3 – そう感じた理由を教えてください

吸水ショーツの実験が面白く、機能性を知ることができました。

各吸水ショーツの特徴が聞けてよかった。デモンストレーションも大変参考になりました。

Fermata のことを今回のセミナーで初めて知り、とても興味深いお話を聞くことができて良かったです!

生理用品の話は外ではしないから、知らないことを教えてもらえて良かったです。

日本との違いや現地ならではの情報がもっと聞けたらさらに嬉しかったです。

商品紹介の時間がもう少しあったらいいと思いました。

フェムテックへの理解がすごく深まったし(知らないことも多かった)、娘の初経に向けて具体的に何をしてあげたらよいか分かったこともすごく良かったです! 
自分でも実際使ってみたいと思っていた吸水ショーツについても詳しくお話しされていて、早速購入を考えています。

興味のある内容を具体的に分かりやすく伝えていただいたから。

吸水ショーツについて興味があったので知ることができて参考になりました。



Q4 – 生理用品を含め、新しく体験してみたいと思ったプロダクトはありましたか?

(複数回答可)



吸水ショーツはほとんどの方が使ってみたいという回答でした。
月経カップや骨盤底筋トレーニングデバイス、セクシャル・ウェルネス商品も関心度が高いようです。



Q5 – 今、気になる健康課題は何ですか? 可能なら具体的に教えてください
(複数回答可)



肌・髪質・体重の変化、骨盤底筋の衰えを、多くの方が課題と考えているようです。



Q6 – ウェビナーで聞き足りなかった質問

<fermataの直美さんにご回答いただきました!>

● 吸水ショーツの匂い(ナプキンのように外出先で変えるわけではないため)はどうなのでしょうか?

多くのブランドが、消臭(防臭抗菌のある素材を吸水層に追加することでニオイを抑える)機能を入れているかと思いますが、商品説明に消臭が明記されているものを選ぶのをおすすめします。
実際に使ってみて感じることは、消臭効果はあり、生活上不快になることはほとんどないです。
ですが、長時間着用した後や量の多い日は、トイレに行った際に臭いを感じることはあります。



● 吸水ショーツは簡単に手洗いしたら、洗濯機で洗ってしまっても大丈夫ですか?

水(お湯だと経血のよごれが固まってしまうことがあるので要注意)を流しながら、経血が出なくなるまで軽く何度か押し洗いをします。
その後は洗濯機に入れて洗ってOK。
汚れが気になる場合はつけ置きしてもよいですが、ブランドによっては奨励していないケースもあるので、必ずそれぞれのブランドの洗濯方法をご確認ください。

洗剤は普段使いのもので大丈夫ですが、柔軟剤は吸水量に影響が出る可能性もあるので使用しないことをおすすめします。
その後、陰干しで自然に乾かしていただき、乾燥機は使わないでください。



● 吸水ショーツの履き心地(鮮血によるベタつきやムレ具合)はどうなのでしょう?

吸水量、素材などによってベタつき、ムレに差があります。
量の多い日などは、トイレのあとにショーツの湿り気、ムレを感じるかもしれませんが、履いているうちにいつの間にか不快感がなくなっていく感じです。
上層部に即乾吸収素材を使っているショーツがおすすめです。



● シンガポールと日本とでは文化的・宗教的な差、医療事情の違い、ジェンダー観などベースがどう異なるのかを知らないのですが、
何かそれらと関連してフェムテックの普及の仕方に違いなどはあったりしますか?


私の個人的な意見になるかもしれませんが、シンガポールは何でもオープンに話す女性が多くて、生理に関しては、女性同士の間ではタブー感はないそうです。
ですが、男性(パートナー、父親など)に話すことにはタブーを強く感じるというところは日本と共通かなと思います。
中華系文化、イスラム文化を背景に、タブーの意識は根強いものがありそうです。
一方で、ストアの人気商品を見てみると、日本では圧倒的に吸水ショーツが人気なのですが、シンガポールではセクシャル・ウェルネス商品が人気で面白いなと思っています。
スタートアップを見てみても、シンガポールはセクシャル・ウェルネス系が多い印象です。



ウェビナーにご参加いただきました皆さま、本当にありがとうございました。
今後もPARTIのウェビナーにぜひご期待ください!

★PARTIとのコラボウェビナー開催にご興味のある方はぜひご連絡ください。
Email: adsales@parti.com.sg


※2021年10月19日時点の情報です。