#ライフスタイル#レッスン

今こそ「オーラソーマ」や「レイキ」で、 セルフヒーリングを

不自由な中だからこそ、普段は良かったことに目を向ける
外に行けない今、内なる旅にでかけましょう

ウィズコロナの生活に慣れつつあるとはいえ、これがいつまで続くのかとお疲れモードな方も多いのではないでしょうか。

そこで、オーラソーマ公認ティーチャー&レイキマスターで「THEIA EL」代表のよしえさんに、心の平安を保つにはどうしたらいいか、お話をうかがいました。



THEIA EL (ティアエル)代表 よしえさん
オーラソーマ公認ティーチャー&クリスタルマスター。また、レイキマスター、クリスタルボウルのサウンドヒーリングなど、様々なヒーリング活動・講座を実施。
☞今回インタビューさせていただいた「THEIA EL」の詳細情報はこちらから



英国発のセルフヒーリング、オーラソーマは
色・香り・塗ることで体と感情のバランスを整える

―よしえさんのオーラソーマのコンサルテーションを受ける方や、講座を受けに来る方はどういう方が多いですか?

いろいろな方がいらっしゃいますよ。仕事などのストレスを感じていらっしゃる方、漠然とした不安を抱えている方、ご自身や家族をヒーリングしたいという方……。

1983年に英国で生まれたオーラソーマ。薬剤師でありセラピストでもあったヴィッキー・ウォール氏によって生み出され、今では世界90か国以上で愛される人気のセルフメディケーション。植物、鉱物、色彩が一体となりエネルギーの調和をとるカラーボトルのほか、体から数センチ離れたところにあるオーラを浄化するポマンダー、さらには化粧品まで、幅広いプロダクツがあります。



よしえさんのオーラソーマのコンサルテーションでは、100本以上におよぶ2色の色のついたカラーボトルの中から、惹かれるものを自分で選ぶところから始まります。選んだ色にはあなたの意識が現れているので、プラクティショナーである私と一緒にその色を選んだ意味を考察していきます。



ボトルにはそれぞれオーガニックの精油とハーブ、クリスタル、色が入っていて、見るだけでなく塗ったり香りを嗅いだりすることで、体と感情のバランスを整えてくれます。



私のコンサルテーションでは自分で選んだボトルをプレゼントしているので、ご自宅で毎日体に塗ってセルフヒーリングを体感してもらっています。夜寝る前や朝目覚めたとき、リラックスしたいときなど、好きな時間にオイルを塗り、香りを楽しんで。詳しい使い方はお問い合わせを。





―まさに、心の平安を保つためにピッタリなヒーリングですね。

はい。オーラソーマは、特別なメンタルケアが必要な方だけのものではなく、どなたにでも日常的に使っていただけるものです。また、自分で色を選ぶことから、オーラソーマは「無理強いしないセラピー」と言われているんですよ。先生が言ったことをただ聞くのではなく、自分で選び、自分で納得してケアする。個性の時代にピッタリなセルフケアだと思います。



今はコロナで海外旅行にも行けないし、日本の友だちに会うこともできない。それは確かにストレスだけど、自分を見つめる時間として捉えることができると思います。コロナはいつか収束するでしょう。でも、コロナが終われば、自動的に自由で幸せな時間が来るのかといえばそうではない。



大事なのは、どんなときもしっかりと自分の中心に自分がいる、自分の本質で生きるということだと思います。コロナだから、会社がこうだからと言い訳したり、親のせい、パートナーのせいにするのではなく、しっかりと自分と向き合う。外の旅に行けないからこそ、内なる旅に目を向ける良いチャンスですね。





―自分に向き合う時間ですか。確かに順調なときはあまり考えないですね。

普段であれば、友だちと飲みに行ったり、海外旅行をしたりして気を紛らわすことができていましたからね。自分に向き合うと言っても難しい方もいらっしゃるでしょう。どうしたらいいかわからないという方は、色を選びに来てほしいですね。自分で選ぶ色に鏡のように映し出されるので、内観できる時間になると思います。



また、人はどうしてもアップダウンがあるし、家族、コミュニティ、社会全体の影響を受けます。例えば、感染拡大のニュースを聞けば、昨日までそれほど気にしてなかったことも心配になる。



オーラソーマは自分の本質に戻ることを助けてくれるので、何かに影響を受けているな、と思ったときにもオーラソーマを使って自分に戻ってほしいですね。自分のケアができれば、ご家族など周りの人のケアもできるようになります。まずは自分がいい状態でいることが大切ですよ。




周囲の不安を感じ取り
イライラ、落ち着かないお子さんも

―こういう時期だからこそ、ご家族のことで悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうですね。例えば、ワーク・フロム・ホームになったりと、ご家庭内のちょっとした環境の変化で、気持ちが落ち着かないということもあるでしょう。これまで向き合わなくてもよかったことに直面せざるを得ない。今一緒に過ごす時間を大事にしたり、先延ばしをせずに今できることに向き合うタイミングなのかもしれませんね。



ちなみに、オーラソーマには子ども用のボトルもあるんですよ。子どもの成長過程に合わせて使います。中でも20番の「チャイルドレスキュー」というボトルは、不安になるようなエネルギーを安定させることに効果を発揮します。



これを使ったら落ち着いてきた、怒りっぽかったのが穏やかになったといったフィードバックをもらっています。お子さんの不安は両親の不安を感じ取っていることが少なくないので、お母さんと一緒に使うことをオススメしています。



―よしえさんのサロンでは、オーラソーマのほかレイキヒーリングのコースもありますね。どのような違いがあるんですか?

レイキもセルフヒーリングのひとつで、シンボルとマントラを使って感情と体のバランスを整えます。自分に対してだけでなく、家族や友人をヒーリングすることもできるし、遠隔で行うこともできます。



体がポカポカしてくるので、冷え性や寝不足気味の方にも人気ですよ。「いろいろ考えると眠れなくなる」と言っていた方が、レイキをすることで夜ぐっすり眠れるようになったとおっしゃっていました。シンガポール人にも人気だと聞きますし、注目のヒーリングですね。



私のサロンでは、コンサルテーションのほかにオーラソーマやレイキを習得するコースを行っていますが、オーラソーマを習ったあとに、レイキを習得される方も少なくありません。また、オーラソーマとレイキ、クリスタルを統合したセッションも人気です。サロンのほかに日本人会でもオーラソーマの講座を持っているので、気になる方はぜひお越しください。



☞今回インタビューさせていただいた「THEIA EL」の詳細情報はこちらから


インタビュー こちらもおすすめ