#Tokyo Trend#キャリア#ビューティー

シンガポールで”笑顔美人”を増やしたい!
ゼロから美容事業をスタートした
渋谷愛実(しぶやあいみ)さんのストーリー

Special Interview

シンガポールの女性を美しく!
ゼロから美容事業をスタートした女性のストーリー

美容サロン「Shining Smile Singapore」「Small Face Therapy」
ファウンダー・オーナー渋谷愛実(しぶやあいみ/Shibuya Aimi)さん

説得力のあるヘルシーな美しさの裏側に、熱い思いを持ち合わせている渋谷愛実(しぶやあいみ/Shibuya Aimi)さん。

現在、ファウンダー・オーナーとして、シンガポールでホワイトニングサロン、小顔矯正サロンを展開している渋谷さんに、美容のキャリアのスタートからシンガポールで起業するまでのエピソード、さらに今後の活動から自身の美容習慣に至るまで、たっぷりとお話いただきました。

美容サロン「Shining Smile Singapore」「Small Face Therapy」
ファウンダー・オーナー渋谷愛実(しぶやあいみ/Shibuya Aimi)さん

18歳から美容業界に入り、2017年に渡星。2017年12月にホワイトニングサロンを、2019年2月に小顔矯正サロンをオープン。今までにシンガポールでビューティとビジネス部門のアワードも数回受賞。詳細はwebへ。Instagram:@helloshibuya_3(個人)@shiningsmilesingapore(ホワイトニング)@small_face_therapy(小顔)

18歳から美容業界でキャリアをスタート!
東南アジア出張経験から、サロンオープンへ

まず、美容サロンをシンガポールで起業するまでの道のりを教えてください。

18歳から4年間、エステサロンの展開や美容商品の代理店業務を行う美容メーカーに勤めていました。当時はベンチャー企業で、終電まで働く日々。そこで本社の海外事業担当として、インド、香港、フィリピン、ベトナム、タイ……と、アジア諸国に頻繁に出張へ。特にインド南部の都市・チェンナイに数ヶ月間滞在して現地で事業の開拓をしたことは、タフな経験でした。この時期、がむしゃらに働いたことで社会人としての基礎やハングリー精神が培われ、心身ともに強くなりましたね。その頃から、海外暮らしに憧れを持っていました。

起業は、もともと考えていたのでしょうか? 渡星前は、どんな準備をしていましたか?

父が貿易会社を経営していたので起業や海外は身近に感じていました。英語は前職の頃から興味を持ちTOEICの勉強も続けていました。シンガポールには一人も知り合いがいませんでしたが、街がキレイで治安も良いので、周辺国への渡航経験と比べたら生活のスタートアップが格段にしやすかったです(笑)。

ホワイトニング、小顔矯正の文化がなかった土地で
パイオニアとなって“笑顔美人”を増やしたい!

―渡星直後は、どのようにサロンを始められたのでしょうか?

最初のサロンは、すでにシンガポールに展開しているサロンの一角を間借りさせていただき、小さく始めました。施術メニューとしてなぜ歯のホワイトニングを選んだかというと、約2年前すでに日本では3,000店舗あると言われていたホワイトニングサロンが、シンガポールではまだ一般的でなかったから。

たとえサロンで施術は行われていても、使われているホワイトニング薬剤にはダウンタイム(※)が必要で、気軽に受けられるものではなかったのです。そこで、品質の良いマシンと溶液を手に入れられて、ダウンタイムのない施術ができれば、きっと幅広く受け入れられるのでは、と思いました。

※美容施術を受けてから、施術部位が元の状態へと戻るまでの期間。

―起業から自身のサロンを持つまで、大変だったことを教えてください。

サロンを立ち上げてしばらくは、スタッフは私一人。最初は予約管理システムもなかったので手書きで予約を管理したり、毎日サロンの入っているビルの下で、道ゆく人に声をかけながら自分で作ったブローシャーを配っていました。マーケティングも未経験でしたが、施術の合間に英語でインスタグラムやフェイスブックの発信を続けたり、DMを送って営業をしたり、コツコツ続けました。

今思えば大変だったとは思いますが、当時は同じようなサロンがなかったので、早い段階から多くのお客様に興味を持っていただけて嬉しかったですね! 現在のお客様は、ほとんどがシンガポール人の方。地元の方に受け入れていただけて喜びを感じます。オープン後1年ほどそのサロンで事業を続け、2019年に、念願の自分のサロンを持ちました。

 

私自身が美を体現しながら、広く
東南アジアで認知される存在になりたい!

―今はどのようなスケジュールで仕事をしているのでしょうか?

現在は週3〜4日はサロンに来て、現場の様子を見ながらマネージャーと打ち合わせや改善をしたり、マーケティング業務を行っています。残りの日は、新しく展開する美容事業の準備に充てていることが多いですね。私自身が施術に入ることは少なくなりましたが、施術メニューの開発やスタッフの研修の準備もしています。起業当初から固定の休日は設けていませんが、私自身の美に対する熱い思いが源となって続けているので、今までに身につけた知識や技術をお客様に還元でき、対価をいただけるという日々に幸せを感じています。

―日々、どのような思いで仕事に取り組んでいますか?

ホワイトニングが大好きなので、「ホワイトニングの施術を受けることで笑顔になれる人を増やしたい!」という思いで取り組んでいます。私は歯科医ではないので、クラウンやセラミックなどの審美歯科治療は行うことができません。

でも、お客様とのコミュニケーションの中で、ホワイトニングだけでなく、他の美しくなるための施術も提供したいと考え、小顔矯正サロンをオープンしました。施術後にお客様が笑顔になるのを見ると、大きなやりがいを感じます。前職の出張は大変な経験でしたが、その海外出張でつながりを持った企業と今も取引させていただいていることもあり、今となってはどんな経験も決して無駄ではなかったと思っています。

―2つのサロンの経営に加え、これからの展開を教えてください!

ずっと通ってくださっているお客さまの美をアップデートしたいという思いから、来春頃には新サービスの展開も考えています。最近はシンガポールで活躍する女優さんなどセレブリティーの方と出会う機会も増えているので、何かコラボレーションできたら嬉しいですね。美容アイテムのプロデュースやファッション事業にも魅力を感じています。サロンの仲間たちと成長しながら、シンガポールのみならず、美のアイコンとして東南アジアで広く知っていただけるような存在になりたいですね。

若くして一人で美容事業を始め、現在もシンガポールの美容業界を牽引する美容施術を展開するために、アンテナを高く張っている渋谷愛実(しぶやあいみ/Shibuya Aimi)さん。新たな展開にも目が離せません!

 

渋谷愛実(しぶやあいみ/Shibuya Aimi)さんに質問!
2020年、美をキープしていた秘訣は?

毎朝の白湯+レモンと週4のエクササイズ

「毎朝、スライスしたレモンを入れた白湯を飲んでいます。胃腸が活発になるので、便秘改善にも効果的です。サロンの隣にジムがあるので、週4回は出勤前にパーソナルトレーナーの方と1時間エクササイズ。身体のだるさを感じていた日でも、ジムでエクササイズを終えた頃にはリフレッシュされて、やる気に満ちてくるから不思議。運動をはじめてから、思考もつねにポジティブに。日本では終電帰りで不健康でしたが、シンガポールに来てからはすっかりヘルシーなライフスタイルになりました!」

●business trust部門、brilliance customer  service、beauty & wellness、woman enterpreneuerなど、数々の授賞式でアワードを受賞。

渋谷愛実(しぶやあいみ/Shibuya Aimi)さんの愛用プロダクト

●BIO PASTE($60)
研磨剤や界面活性剤などの化学薬品を使用しない天然成分100%で作られた高機能歯磨き剤。高い洗浄力、ホワイトニング効果、汚れの再付着を防ぐイオンバリア、口臭予防などマルチな効果。子どもや妊婦さんも安心。

●FACE METABO SERUM($300)
脂肪を分解し、増やさない効果があり、たるみがちなお肌の根本にアプローチする革新的な美容液。代謝を促進してむくみを改善し、小顔効果や保湿力も期待できます。

●各サロンの詳しいメニューはこちらから

Shining Smile Singapore
住所:9 Cantonment Rd #02-01
Tel: 9657-8463(SMS/WhatsApp)
営業時間:11:00~20:00(18:30LO)
Instagram: @shiningsmilesingapore

Small face Therapy
「Shining Smile Singapore」のCantonment店と併設
Tel.:8775-4500 
Instagram: @small_face_therapy

 

インタビュー こちらもおすすめ