skin care

【美肌相談サロン】
石鹸洗顔-お肌のターンオーバーを洗顔法で改善

石鹸洗顔-お肌のターンオーバーを洗顔法で改善

3月の本帰国に合わせ、昨年よりIPLフェイシャルを始めたRさんです。


R:特に日焼けをしていないのに、日焼け肌に見えるのが気になっていたのに、IPLでお肌が明るくなりました! 帰国までのIPLが楽しみです。

私:初回に拝見したお肌は、とてもくすみがあり濁っている状態。Rさんは色白なのに。


R:日本に帰っても自宅でできるお手入れはありませんか? 普段、化粧水の後に2種類の保湿クリームのどちらかをつけています。乾燥は感じませんが、お手入れに手応えがないんです。

私:Rさん、朝はぬるま湯洗顔。夜のクレンジングの後は、クリームタイプの泡立つ洗顔剤でしたね。固形の洗顔石鹸を使ったことはありますか?


R:いいえ、石鹸の方がいいですか?

私:クレンジングと洗顔の方法は3通り。①クレンジングのみ ②クレンジングと洗顔剤 ③洗顔剤のみ。ファンデーションを付けるメイクをしているのでしたら、①または②をお勧めします。Rさんのように、乾燥は感じないがくすみやすい場合、お肌のターンオーバーが遅く、古い角質(垢)がいつも残っているのではないでしょうか? 石鹸は程よく、そのような汚れを洗うことができます。


R:使っている洗顔剤は、弱酸性でお肌に優しいと思いますが、石鹸で洗っても大丈夫ですか?

私:垢を適度に落とすには、弱アルカリ性の洗顔剤がいいです。石鹸は、弱アルカリ性で、天然成分が汚れを落とす界面活性の働きをします。洗い流せば残ることはありません。他の洗顔剤は、合成界面活性剤がお肌に残り、お肌のバリア機能の低下につながります。石鹸洗顔を試してみて、いつもの洗顔と比べてみませんか? 特有のきしむような洗い上がりがありますが、お肌には優しいですよ。


R:なるほど、やってみようかな。コツはありますか?

私:クレンジングの後、泡立てネットで泡を作ります。乾いたままの泡立てネットに、濡らした石鹸を入れて、軽く擦りつけたら石鹸を取り出して、よく泡立てます。泡をお顔に広げて、泡の弾力を感じながら洗いましょう。すすぎは両方の手のひらに溜めたぬるま湯に、お顔を近づける要領で、額→鼻→顎→右頬→左頬(順番はお好みで)と合計20回かけて洗い流しましょう


R:洗う場所を変えながら20回ですね。丁寧に頑張ります!

私:タオルで水気を取り、お肌に湿り気がまだあるタイミングで、化粧水をつけます。お肌に湿り気がある間なら、たっぷりお肌に入れるような感覚はなくて大丈夫。適量の化粧水をハンドプレスして、保湿クリームを付けます。


R:お肌はどのように変わるのかな?

私:加齢により遅れがちなターンオーバーで、自然に落ちない古い角質を石鹸洗顔で適度に落とすと、基礎化粧品がお肌によく馴染み、働きが高まります。洗顔後や保湿ケアをして感じられるお肌の気持ちよさが、お手入れの手応えです。続けるうちにお肌に透明感が出てきますよ。

R:分かりました!









教えてくれたのはこんな人

佐藤 薫
エステティシャン。ご主人の独立を機に、1996年より駐妻から一転し、エステサロン「マルリー」の経営者に。日本人ならではのきめ細かなカウンセリングとサービスでファン多し。

MARLY ESTHETIC SALON
402 Orchard Rd Delfi Orchard
#04-16 Beauty Essencials内
☎ 9819-1209(SMS予約)
営業時間 9:00~18:00(最終予約)日祝休
(ご予約フォーム)