#skin care

【美肌相談サロン】
朝の泡洗顔

朝の泡洗顔
- 洗面台や足元が水浸し

Jさんは、朝の洗顔は拭き取りローションを愛用していますが、泡洗顔をしたくない理由があるそうです。


私:前回のIPLフェイシャルで、泡洗顔の話になりましたね。見慣れていたお肌よりも乾燥気味になっているのが気になり、泡洗顔をお勧めしました。


J:はい。泡洗顔の方が気持ちがいいから好きなんですが、洗面台に水が飛び散るのが嫌になって、拭き取りローションを使うことにしました。洗顔で、すすぐとき、洗面台や足元、服までびしょびしょなんですよ。それに腰も疲れてしまいます。佐藤さんのように、朝シャワーをする習慣はありませんし。


私:不定期ですが、私も洗面台で洗い流すタイプのパックはします。以前はJさんのように、びしょびしょ派でした。洗顔の度に服は濡れ、拭き掃除もセットでは、敬遠してしまうのも分かります。今は問題なく洗面台で洗顔をしていますので、確認してみました。いくつかびしょびしょにならないポイントがありますよ。


J:教えて!


私:ポイント①は、足を軽く開き、洗面台に体が触れるぐらいに立ちます。お尻を後ろへ引いて、顔を蛇口に近付けます。膝は突っ張らないで、背筋と首、頭を真っ直ぐに、屈んでください。


J:スクワットの要領ですね!


私:そうです。腰が辛くなるのも避けられます。
ポイント②は、腕は脇を締めて、肘から先は洗面台に平行、両手のひらをお椀のようにして、お顔の右面、中央、左面を、ぬるま湯を手のひらに溜めてすすぎます。額や顎は片手のお椀で(各パーツ3~5回)。お顔を手のひらへ近付け、手の動きは中から外。上下ではありません、横方向で行いましょう。


J:なるほど。私は腰が疲れないように突っ立って、お顔が洗面台から高い位置でバシャバシャとやっていたと思います。時間がないときの拭き取りローションは便利だけど、毎日ではコットンの刺激が気になっていました。水が飛び散らない泡洗顔なら、やりたいです!


私:拭き取りローションは、コットンで拭くというより、お肌にローションを含ませて、コットンに汚れを移す意識で使用するといいです。拭くという行為は、知らないうちに圧が強くなる傾向があるので注意しましょう。泡洗顔なら、手のひらがお顔に触れないぐらいの力加減でいいですよ。擦るように洗うのは、シミを濃くしたり、肌荒れの原因になりますから。


J:ところで、朝の洗顔はぬるま湯洗顔でいいと聞くこともあります。どちらがいいのかな?


私:泡洗顔とぬるま湯洗顔に正解はないかもしれません。私自身、泡洗顔がお肌に合わなくて、長年ぬるま湯洗顔の方が良かったです。泡洗顔は、まだ3年程度です。お肌は、環境や年齢、使用する化粧品で変化します。いつまでも同じ方法が最善とは限らないようです。お肌が何かしっくりしなくなったとき、朝の洗顔方法を見直すのもひとつの対策だと思います。


J:分かりました!




Point check!

朝シャワーで洗顔をする人も、蛇口かシャワーからのぬるま湯を手のひらに溜めて優しく洗いましょう!





教えてくれたのはこんな人

佐藤 薫
エステティシャン。ご主人の独立を機に、1996年より駐妻から一転し、エステサロン「マルリー」の経営者に。日本人ならではのきめ細かなカウンセリングとサービスでファン多し。

MARLY ESTHETIC SALON
402 Orchard Rd Delfi Orchard
#04-16 Beauty Essencials内
☎ 9819-1209(SMS予約)
営業時間 9:00~18:00(最終予約)日祝休
(ご予約フォーム)
※ワクチン接種完了後2週間経過要