education

【KOMABA便り】
コロナ禍にあって

海外キッズも“安心”
KOMABA便り

コロナ禍にあって

新型コロナが子どもたちの教育に与えた影響は何であったのか。
それを今真剣に考えなくてはいけません。私は特に幼児期から小学校低学年の子どもたちへの配慮が一層求められると感じています。


例えば中学3年生が数学の授業、小学1年生が算数の授業を、同じ期間受けられなかったことを比べた時、中学3年生の方が深刻だと考えるかもしれません。しかし、それまでの経験で学習の仕方自体を学んでいる中学生は、教科書や授業動画などで自分で学び、休み明けに不明瞭なところを先生や友人を介して理解に努めることができます。


ところが幼稚園生や小学校低学年の子どもたちにとっての学びはそうではありません。ある学習単元を理解したか否か、活動目標を達成したか否かの重要性よりも、その?学びの時間を通して実に多くの経験をし、そこで自立的に大人の意図を超えて学んでいるのです。


家庭を離れた場所では、先生や友達の言葉を聞き取らないと集団生活が成り立たないことを経験する。聞く力がつくと考えなくてはならないことが増える。考える力を支えるためには語う力を増やしていかないといけない。そして相手に自分の意志を伝えるためには話す力が必要とされる。それまで困った顔を見せるだけで意図を汲み取ってくれた家族とは異なり、自分の言葉で相手に伝えないといけない。更にそこに論理性がないと相手に自分の考えを受け入れてもらえない…


何気ない一連の小さな活動や生活の中にも、子どもたちは実に多くの経験をしているのです。なるほど、それで幼稚園や学校が終わった後にあんなに子どもたちは気持ちよく疲れているんですね。その成長の機会を一時中断せざるを得なかった今回のコロナ禍。私たちにもかつてない、子どもたちの成長を支える役割が求められています。




教えてくれたのはこんな人

石川晋太郎塾長
売れないバンドマンを経て、アフリカで小学校の先生に。当地では海外で暮らす子どもたちの教育をサポート。

自律と自立を育むシンガポールの学習塾 KOMABA
● 対象は幼児・小学生・中学生・高校生

〈オーチャード校〉
19 Tanglin Rd #03-01 Tanglin Shopping Centre
☎ 6736-0727
Email:komaba@cradle.asia
www.cradle.asia


クレメンティ校 2020年夏開校!
※状況により変更の可能性あり