Life Conscious

【小さなキヅキのススメ】
「スピリチュアル・ヒーリング」は現代科学を超えた科学?

今日のキヅキ

「スピリチュアル・ヒーリング」は現代科学を超えた科学?

スピリチュアル・ヒーリングとは何でしょう? 私の所属する英国の団体(SNU)では、こう定義しています。「スピリチュアル・ヒーラーが手を直接患者に当てる、もしくは遠隔の場合は祈りや思念を通じて、霊界からのエネルギーを送るヒーリング手法」

日本語では「心霊治療」「霊的治療」といいます。


スピリット界(霊界)からのエネルギーなんて、怪しさ満点ですね。ところが、スピリチュアル先進国の英国では、認定スピリチュアル・ヒーラーは法的に認められており、病院でヒーリングを行うことも可能です。英国に350以上もあるスピリチュアリスト・チャーチでは毎週スピリチュアル・ヒーリングが行われています。


英国でのスピリチュアル・ヒーラーの地位向上に大きく貢献をしたのが、ハリー・エドワーズ氏(1893~1976)。偶然スピリチュアリスト・チャーチで出会った霊能力者に、そのヒーリング能力を指摘され、ヒーラーとしての活動をスタートさせました。フランスの細菌学者パスツール他、多くのスピリット界のドクターたちのエネルギーのサポートを受け、彼のヒーリングは、伝染病、皮膚病、白血病、ガンや腫瘍だけでなく、骨折、火傷等の外傷、そして各種精神疾患にも有効でした。密かに英国王室の方も彼の元に通ったとか。


特筆すべきは、トラファルガー広場などで行なわれた公開治療会です。数千人もの観衆の面前で、先天的な骨の異常のため歩けなかった人がその場で歩けるように!今でもその様子はYouTubeで観ることができます。


このようなことを英国医師会が黙っているはずはありません。医学評議会は、悪性ガンで手術予定が決まっている患者に対するスピリチュアル・ヒーリングを行わせる等、数々の実験をしました。その結果、彼は見事にガンを消したのです。医師会は最終的に、その力を認めざるを得なくなり、スピリチュアル・ヒーラーの地位向上に繋がりました。


後に「エネルギー医学(波動医学)」を提唱したリチャード・ガーバー医学博士により、スピリチュアル・ヒーリングはエネルギー療法としての検証を受け、その有効性が立証されました。博士は、83歳で地上を去るまでの約40年間、世界中の何万人もの人を癒してきましたが、最後まで決して驕らず、常に謙虚で「愛」が詰まっている方でした。そして博士は今でも、スピリット界から我々スピリチュアル・ヒーラーをサポートしてくれています。


● まとめ ●

愛する人、苦しんでいる人を癒したいという「無条件の愛」という宇宙のエネルギー、そして科学を超えた叡智にアクセスできるスピリット・ドクターのサポートを得て、現在の地上の科学では証明できないエネルギーを用いたスピリチュアル・ヒーリングは、結果的に心身の不調に有効という結論が出されています。 

私たちは誰しも、この「愛」のエネルギーを持ち合わせています。愛する人の痛みや苦しみを楽にしてあげたいという気持ちが、ヒーリングのまず第一歩。きっと霊界のドクターたちが気づき、サポートしてくれるでしょう。



教えてくれたのはこんな人

佐野 仁美
「LA VITA」代表。バッチ財団登録プラクティショナー・ティーチャー、シンガポール登録心理カウンセラー、スピリチュアリストなどとして活躍。
大手金融機関で25年に及ぶ会社員生活を経て、心理学や哲学などさまざまな学問を学び、心の癒しのお仕事へ。


「LA VITA」
お申し込み・お問い合わせ
フラワーレメディセッション
lavitasingapore@gmail.com ☎ 8113-5731(SMS)