#mental care

【心ひも解くヒント】
強み

自分の「強み」を知ることで自信を付けて、よりハッピーな毎日へ

「自信が持てません」という方が多くいます。
謙遜でそう言っている場合はよいのですが、人から見て能力や、実績、素敵なところがある方でも本気でそう思っている場合も多いのです。
あなたが親であったり、上司である場合、子どもや部下の自主性が低く、何に対しても受け身であるのは、それが理由かもしれません。

私たちの文化では、謙虚であることは良いことだとされます。
確かに自信過剰であったり、マウント思考の人は敬遠されます。
また、古代から人間は生存率を上げるために「今、何かおかしなことはないか?」「問題は何か考えろ」「改善できるところはどこだ」と考えるようになっており「上手くいっていることは何か?」とはなかなか考えないですよね。
現在でも会社組織や学校内も基本「問題を探して解決する」といった姿勢が多いのではないでしょうか?
人間は悪いところや改善すべきところは気が付きやすいのに、「良いところ=それが普通」という意識になりがちです。
このぐらいは他のみんなもできているとか、このくらいで満足していてはダメだ、となると、それを自身の「強み」とは認識しづらいのでしょう。

全ての人に得意なこと・苦手なこと、強み・弱みがあります。
ですから、これは特別な人だけに与えられた特権ではなく、あなたがそれを「知っているか、知らないか」、ということだけなのです。
誰かと比べてではなく、自分の持つ「強み」を知っている人は、①より幸せ、②より自信がある、③自己肯定感が高い、④より活力がある、⑤ストレスを感じにくい、⑥より耐性が強い、⑦ゴール達成率が高い、⑧より仕事ができる、⑨人間としての成長をしやすいということも分かっています。

このように良いこと尽くめの「強み」探し。
自覚のない方はさっそく周囲の人に尋ねてみたり、これまでの経験を振り返って何が楽しかったか、上手くできたかなどをヒントに探してみてください。




This Month’s Hint(今月のヒント)


「BeeYrOwn」では、コーチングも行っています!

(ICF認定コーチ・トレーニング・プログラムL2修了)

期間限定で、5回&10回のお得なパッケージを提供中(11月末まで)。
コーチングは、今回のテーマのような「強み探し」だけでなく、「明確な目標に向かって今度こそやり遂げたい」「パフォーマンス改善や自信の強みを知り、スキルアップをしたい」「考え方をもっとポジティブにしたい」など、ビジネス面でも効果のあるものです。
心理療法よりも現在と未来へフォーカスし、心理的な悩みや症状、過去のトラウマなどを抱えていない方に向いています。
ぜひこの機会にお試しください。




教えてくれたのはこんな人

山懸千尋

BeeYrOwn 心理士。シンガポール心理学会公認心理士。
オーストラリア・カウンセリング協会員。
(応用心理学修士、教育カウンセリング学士)

BeeYrOwn Psychologist & Counsellor

Vibes @ East Coast, 308 Telok Kurau Rd
☎ 9665-4572
Email: beeyrown@aim.com
http://beeyrown.blogspot.com
診療日(完全予約制):月・水・木・土
オンライン診察も行っています



連載 こちらもおすすめ