parti editor's letter

【シンガポールの週末どこ行く?】
大迫力の恐竜が待っている! NUS内の穴場「自然史博物館」

ハチャメチャ双子ママの編集Aです。
双子揃って空前の恐竜ブームが到来。
シンガポールで恐竜に会える場所を求め、NUS内の自然史博物館「Lee Kong Chian Natural History Museum」(常時一般公開)へ行ってきました。
ここ、動物好き男子にはかなりオススメ!



吹き抜けのメインフロアに、巨大な恐竜の骨が展示され、下から見上げたり、2階に登ってお顔と対面したり。図鑑の中でしか知らなかった恐竜の実物大サイズに、双子はただただ驚くばかり。そして慣れてくると、階段を上ったり下りたりを繰り返し、いろんな角度から恐竜を眺めまわしていました。
博物館でありながら、プレグラ級に体力を消耗し、夜早く寝てくれるのもポイント高し。しかも日曜日に行ったのに、空いていたので双子を解き放っても、他の方に迷惑がかからなかった点もポイント加算でした。




2015年に開設された館内はとてもキレイ、そしておしゃれなディスプレイ。恐竜のほかにも植物、昆虫、両生類、ほ乳類などテーマごとに趣向を凝らした展示が楽しめます。




しっかり展示を楽しんだら、ミュージアムショップへ。
ここNUS限定TシャツをGET!サイズ展開が幅広いので親子コーデもできます。
アジアトップのNUSグッズ、ツウなお土産にも◎。母がお買い物中、双子は恐竜のフィギュアでずっと遊んでいました。
ご飯はNUS内の学食的なホーカーへ。学生さん、誰を見ても賢そうに見えるのは気のせいだったのか。「双子よ、君たちも大きくなったら頑張りんさい」とひそかに思う母でした。




Lee Kong Chian Natural History Museum
https://lkcnhm.nus.edu.sg





編集A

PARTI編集長。在星歴14年。
双子と犬(ウエストハイランドテリア)の母。
Instagram: asamisheep