#キャリア#ビューティー#ライフスタイル

“溜め込まないライフスタイル”で、 仕事も私生活もベストバランス

Special Interview
美容セラピスト Harukaさん

シンガポールに生きる忙しい女性たちを真心込めて癒しつつ、ご自身の生活でも、“溜め込まないライフスタイル”を取り入れ、仕事も私生活もベストなバランスを保ってらっしゃるHarukaさん。

この度、スペシャルインタビュアーとして、Harukaさんの普段の生活を少~しだけ、覗かせていただきました。美と健康のエキスパートとして輝くHarukaさんのインタビューをお楽しみください。

Haruka
「à côté Beauty & Body Design」代表 Harukaさん
在星12年。ITECホリスティックマッサージ、アロマセラピスト、ファスティングアドバイザーなど様々な資格を持ち、美と健康をサポート。サロン勤務を経て、2021年4月、出張本格エステ「à côté Beauty & Body Design」を設立。
☞「à côté Beauty & Body Design」の詳しいお店情報はこちらから





ストレスを上手に回避して、人生を楽しむ

シンガポールで美容セラピストとして働き、多くの女性たちと向き合ってきたHarukaさん。
美のケアはもちろんのこと、海外暮らしの不安など、お客さまの心に寄り添うことをとても大切にしているそう。

そんないつもは誰かを癒す存在であるHarukaさんですが、その暮らしぶりには彼女自身を癒すことを忘れない、習慣やポリシーが詰まっているようです。

「ずっとサロンに勤めてきましたが、なかなか家事の時間が取れず、今年独立をしました。胸の中で温めてきた出張エステを始め、自分のペースで働けるようになり、生活とお仕事のバランスがちょうどよく整ったと感じています。食べることが大好きで、料理をするのも好き。」



キッチンにはこだわりの調理家電が。「Hurom」のジューサーは、野菜や果物たっぷりのジュース作りに。食べ過ぎた翌日の午前中などに大活躍。日本で購入したかき氷機はふわふわ氷が作れる。自家製シロップ作りにもハマり中。



「パスタやラーメンなどの炭水化物も大好物で、外食のときは好きなものを好きなだけいただきます。その分、体型維持のために週1でパーソナルトレーニングを続け、メンテしています。」



「また、2~3か月に1度は夫婦で本格的なファスティングをしています。溜め込まないライフスタイルを心がけているので、食べたら出す(笑)。」



上記写真は、ファスティングの回復食の一例。
ファスティングアドバイザーの資格も持ち、準備食や回復食の内容をInstagram(@ haruka_acote.sg)。ぜひチェックを!



週末の朝はご主人とサイクリング。イーストコーストパークまで行き、朝カフェを楽しむことも。朝から運動をすると清々しい気持ちに。
「もちろん仕事で疲れたら、私自身もマッサージに行く。それから、言いたいことも溜めないようにしていますね」



さらに、さすがは美容のプロ!
Harukaさんのおうちには「ながら美容グッズ」があちこちに。美顔ローラー「リファ」をはじめ、お腹を引き締めるEMS、着圧ソックスなど、さまざまなアイテムを愛用。



なんとコスメ専用の冷蔵庫もあり、毎晩冷え冷えのマスクで毛穴を引き締めるのが至福なのだとか。保湿効果の高いマスクは毎晩必 須で、炭酸ガスパック「エニシ―」は2週に1度のご褒美! 化粧品に最適な温度を保つ専用クーラーで保管しています。



香りも大切にし、空間に応じてディフューザーを使い分け。日々のルーティンでも、上手にキレイと癒しをチャージしているんですね。





時間に追われる女性が多すぎる!

「お仕事をしながら思うことは、この国の女性たちは本当に時間に追われて忙しそう。出張エステを始めて、赤ちゃんがいてフェイシャルを我慢していたママさんに『今日をずっと楽しみにしていました!』というお言葉をいただくことも。夜の時間も融通が利くので、お仕事帰りのお客さまには遅めの予約でそのままベッドでお休みいただければと思っています。」



「コロナの今、閉塞感もあって疲れを抱えている人がとても多いので、自分を癒す時間を大切にしていただけたらと思います」

Harukaさんの手は、まさにゴッドハンド。
触れた瞬間から、じんわり優しく、心までほぐすよう。Harukaさんにとっても、直にお客さまの喜びを感じることが、一番嬉しいことなのだそうです。



インドネシア伝統「ジャムウ」を勉強中

20代の頃は航空会社に勤めていたというHarukaさん。自分自身マッサージを受けることが大好きで、いつしかセラピストの道を志すようになったと言います。

「興味のあるものは積極的に学んでいます。最初はアロマセラピーとボディケアを学び、お顔の美肌ケアに目覚め、今は新境地のインドネシア伝統療法「ジャムウ」を習得中です。シンガポールだからこそ学べるものですし、産後ケアはリクエストも多かったので。座学、実践に続いてこれから薬草について学んでいくところなのでとても楽しみです!」



そう語るHarukaさんは、意欲的でありながら肩の力が抜けて、心地よい充実感に包まれているよう。そして、お肌は絹のように艶やかでした。人知れず努力を積み重ねながら、好きな仕事と好きな生活を自分のペースで。そんなHarukaさんの新しい癒しのマッサージに期待が高まります。

☞「à côté Beauty & Body Design」の詳しいお店情報はこちらから



インタビュー こちらもおすすめ