mental care

【心ひも解くヒント】
楽観主義バイアス

自分だけは大丈夫と思っているあなた、
そんな楽観的なのは
あなただけではないようです

ほとんどの人は、人生は「山あり谷あり」だと知っています。
何もかもが上手くいき、人生を謳歌しているときもあれば、信じていたもの全てを失い、人生に絶望してしまうこともあります。

ここで質問です。あなたは「本当に」人生とはそういうものだ、ということを知っていますか?

実は、世の中で起こる事故、事件、病気、災害、裏切り、離婚、リストラなど、そういったことがあることは頭では理解しているものの、(だけど)「自分には起こらない」と、ほとんどの人が心の中で考えているのを知っていましたか?

これを【楽観主義バイアス】と呼びます。私たちが自分の人生に、これから起こるポジティブなことを、過大評価する一方で、ネガティブな出来事の可能性を、過小評価するというものです。
これまでの研究でよく聞かれるのは、「あなたは将来、癌になると思いますか?」「あなたは一般的ドライバーより、安全運転だと思いますか?」「あなたは将来、離婚すると思いますか?」「数年のうちに会社をクビになると思いますか?」などです。

実際に、起こっている確率よりも、確実に多くの人が「周りには起こるかもしれないが、自分には起こらない」と答えます。また、そ れは「自分」だけでなく、「自分の家族」には起こらないとまで信じているそうです。

話が少しズレますが、自分の容姿や能力も、人は現実(や周囲の評価)よりも基本、過大評価していると言われます。面白いですよね。

さて、話を戻します。【楽観主義バイアス】は、私たちの主観的な現実に変化を与えてくれます。自分の将来は悪くないぞと考え、ポジティブな期待をすれば、日ごろのストレスや不安は軽減されます。

それに、自己充足的予言の役割も果たしてくれますし、前向きな人は、やはり成功しやすく、幸せになりやすいです。

しかし、ある日(誰かや周りには起こるかもしれないが、)自分には起こるはずがない不幸、不運に襲われると、バイアスが強い人ほど「どうして私が?」「自分は良い人間なのに」と、狼狽し慌てます。
そのときにそこから這い上がり、また元気な人生を歩めるかは、あなたの【楽観主義バイアス】がかかっていない部分で、日ごろから、多少の準備(貯金、キャリアアップ、定期的な健康診断、配偶者に優しく思いやりを持って接する、子どもと良い関係を作る、仕事が あることに感謝する、ずるをしないなど)をしているかです。

そして問題解決能力、助けを求める謙虚さ、周りと良い関係が築けておりサポートネットワークができているかなどに、影響されます。


This Month’s Hint(今月のヒント)

● 楽観主義バイアスは、現実に起こらないと思っていた出来事を、経験すると軽減します。
● 不安障害や、抑うつの人は、楽観主義バイアスは持ちにくいということが分かっています。



教えてくれたのはこんな人

山形千尋
BeeYrOwn心理士。(応用心理学修士・カウンセリング学修士)
オーストラリア・カウンセリング協会会員、シンガポール公認心理士。

BeeYrOwn Psychologist & Therapist
308 Telok Kurau Rd Vibes @ East Coast
☎ 9665-4572
Email: beeyrown@aim.com
http://beeyrown.blogspot.com
診療日:火、水、土(完全予約制)