ライフスタイル

シンガポールでの学資保険についてチェック!

子どもの夢を「学資保険」でバックアップ
シンガポールで賢く貯蓄型保険に入ろう

無限の可能性を秘めた、子どもの未来。
夢を叶える応援準備として「学資保険」がオススメです。
「東京海上シンガポール生保」は、当地で唯一の日系生命保険会社であり、日本語サポートを行っています。

現地の保険事情を分かりやすく教えてくれるドミニクさん、そして女性目線で的確なアドバイスが好評の田中さんが、じっくりカウンセリング。「保険料を支払う期間は?」「受け取るタイミングは?」など、気軽に日本語でご相談ください。



ファイナンシャル・プランニング・コンサルタントの田中深幸さんは、
長い在星歴と豊富な知識で、保険にまつわるどんなご相談にも対応してくれる強い味方。
個々の事情を加味したプランニング力にも定評があります。
花火マニアとして、日本の花火競技大会は毎年欠かさず参加している一面も。


マネージャーのドミニク・ウォンさんは、
高い実績を評価され、生命保険と金融サービスの専門家による世界的に権威のある組織MDRT(Million Dollar Round Table)のメンバーに認定されている実力者!
香川県の高松にホームステイ経験があり、大の大相撲ファンなんだそう。




ずばりシンガポールで「保険」に入るメリットは?

当地で保険に入るメリットをお二人に聞くと、「シンガポールの生命保険は、保障に加えて“貯蓄効果が高い” プランが豊富」 「シンガポールドルで積み立てをして“分散投資” ができる」など、魅力的な答えが返ってきました。

せっかくシンガポールにいるのですから、シンガポールドルで積み立てをして「分散投資」をすることをお勧めしたいですね。
それから、シンガポールの生命保険は、保障に加えて「貯蓄効果が高い」プランが多いのも大きな魅力ですよ。



シンガポールの学資保険
メリットを知りたい!

学資保険は、家計の支出が少ない子どもが小さいうちに開始して、積立期間を長く確保するのが正解!
なお、学資保険は大学入学に合わせた受け取りなので、高校進学の15歳で教育資金が必要になる可能性がある場合は、養老保険も視野に入れます。いろいろな可能性を想定して一緒にプランを考えます。
また、お子さまの学資保険と一緒に、ご両親のリタイア後を見据えた貯蓄型「確定年金保険」などのプランもぜひご相談ください。



そもそも、日本人でもシンガポールの生命保険に加入できるの?

入れます! ただし「シンガポールに居住している人」しか入れません。日本に途中で帰国する場合は、帰国後もシンガポールの口座から保険料の引き去りを継続することができます。受け取りを日本の銀行にすることも可能です。


まずはカウンセリングを!カウンセリング場所は、ご指定いただいたところへ伺います
小さなお子さんがいらっしゃるなど、リラックスしてお話したい方は、ご自宅でも大丈夫です。
お気軽に電話あるいはメールでご連絡ください。
※カウンセリング料はいただきません。
東京海上なら、何年先であっても日本語できめ細かな対応が受けられるのが大きな安心ポイントです。



学資保険(TM KidStart)の特長とは?

1、早めに積み立てを開始することで、満期返戻金の年間利回りも高くなる。
2、お子さまが10歳の誕生日までに加入することが条件。
※11歳以上のお子さまには別途積み立て形の保険商品があります。詳細はお問い合わせください
3、お子さまのご両親に万一のことがあった場合に、その後の保険料が免除される特約を付帯できる。



確定年金保険(TM Retirement Secure)の特長とは?

1、早めに積み立てを開始することで、満期返戻金の利回りも高くなる。
2、決められた年齢から、年金を毎年受け取ることができる。
3、年金は一定期間、確実に受け取れる。
4、決められた受取期間が経過したら、契約の満期にともない、満期返戻金が受け取れる。
5、保険期間中万が一の場合、死亡保険金を受け取れる。



もしも帰国が決まったら?

もし日本への帰国が決まった場合は、必ず住所変更の手続きを。
契約者配当金などの重要な情報はご指定の住所に毎年送付します。



日本へ帰国した場合の受け取りの手続きは?

通常は、シンガポールドル建ての小切手による受け取りになります。
日本に帰国した場合には、受け取りの際に指定の任意の銀行口座へのお振込します
※海外送金手数料が発生する場合はお客様負担。







ケーススタディ1:学資保険
契約者・鈴木さん(仮) お子様3歳・1名が学資保険に入る場合はどうなる?




例えば、3歳の太郎くんがいる契約者・鈴木さんが学資保険に加入した場合のシュミレーションは…

契約者:鈴木さん
お子さま(被保険者):太郎くん、3歳
保険金額:S$67,500
年払保険料:S$12,224
保険料払込期間:5年間※
保険期間:お子さまが20歳まで
※お子さまの年齢によって、10年払い、15年払いも選択可能。

3歳 学資保険料の払い込み開始
年払S$12,224(※月払も可能)
☆早めに積立を始めたら、受け取り学資金の年間利回りが高くなって、お得!


8歳 学資保険料の払い込み完了
払い込み総額 S$61,116


18歳 受け取り学資金 S$20,000


19歳 受け取り学資金 S$22,500


20歳 受け取り学資金 $25,000+$33,624(*1)もしくは$25,000+$16,978(*1)

受け取り学資金 総額$101,124(*1) もしくは 84,478(*1)

(*1)$33,624と$16,978はNon-Guaranteedの契約者配当金です。
契約者配当金は有配当商品の契約者配当ファンドの年間予定利率4.75%と3.25%に基づいていますが、これらの契約者配当金は保証されていないため、実際の金額 は将来の契約者配当ファンドの実績により異なる場合があります。
$101,124 と$84,478は契約者配当ファンド予定利率4.75%と3.25%の場合、それぞれの受け取り総額の参考額です。

※上記は” Paid Out benefit mode” による参考例です。
実際の手続きでは、ご予算と目的に応じたご提案をさせて頂きます。
日本人の場合、日本で海外転出届を提出しており、ビザの有効期間が6か月超あることが必要です。

注意事項

生命保険は原則対面でお客様のニーズを確認し、商品のご案内を行っております。記載されている保険商品は東京海上シンガポール生保が引受を行い、東京海上シンガポール生保が認可する代理店等を通じて購入頂けます。
商品の購入に際して、ファイナンシャル・アドバイサーから商品に関する情報及びアドバイスを求めるようにしてください。
生命保険を契約する際は長期的な視点でご判断ください。早期解約時の返戻金は、払込保険料を下回る場合があります。
現在ご加入している保険契約(以下、現契約)を解約し、新たな保険契約(以下、新契約)に切り替える場合、新契約と現契約が同じ保障内容でも新契約の保険料が現契約より高くなる、もしくは新契約と現契約の保険料が同額でも新契約の保障内容が現契約より劣る可能性があります。
シンガポール国内における保険契約は、Singapore Deposit Insurance Corporation(以下、SDIC)の Policy Owners’ Protection Schemeによって保障され、お客様ご自身で特段手続き等は必要ありません。
本スキームの保障内容や条件等、詳細につきましては、東京海上シンガポール生保にご連絡頂くか、Life Insurance Association もしくはSDICのホームペーシ(www.lia.org.sg or www.sdic.org.sg)をご確認ください。本記事に記載された情報はあくまで一般的な内容であり、2019年2月1日時点のものです。






東京海上シンガポール生保の強みとは?

東京海上シンガポール生保ならではの強みは以下の4つ。
1、日本人向け電話番号・日本語スピーカーによるきめ細かな対応。
2、ご希望の積み立て金額・期間に応じてカスタマイズしたご提案。
3、1948年の創業以来、長年にわたる信頼と実績。
4、シンガポールドル建ての生命保険は資産の通貨分散が可能。


「東京海上シンガポール生保」の詳しい情報はこちら