#キャリア#ライフスタイル#レッスン

踊る場所を探し求め、辿り着いた新境地
”ベリーの魅力”をオンラインで世界へ

エネルギーが臍の底から湧き上がる
“ベリーの魅力”をオンラインで世界へ

特集「シンガポール暮らしをもっと心地よくする習慣」では、シンガポールで活躍する素敵な女性たちにインタビュー。

こちらのWEBページでは、スペシャルインタビュアーのひとり、アジアトップの舞姫・ベリーダンサーのNADIAさんのインタビュー内容をお届けします。
4月号ではこんな素敵な表紙も飾ってくれたNADIAさん。



ステージ上のNADIAさんは、繊細さとダイナミックな表現力を併せ持ち、情熱的なダンスで観客を魅了。

自身が主宰する「NADIA Orientaldance Arts, Singapore」では、講師・振付師でも活躍中。指導歴10年以上のNADIAさんの細やかな解説が分かりやすく、初心者でも楽しめると大好評。そんなNADIAさんの日々の暮らしや1日のルーティンをお訊きしました!



NADIA Orientaldance Arts, Singapore主宰
ベリーダンサー・振付師・講師 NADIAさん

日本人ベリーダンサーとして国際大会でも輝かしい受賞歴を持ち、国内外のショーに出演。コロナ禍もグローバルな人気を獲得中のオンラインレッスン「NADIA ONLINE」好評開催中。Instagram (@nadia_sueoka) で毎日発信されるダンス動画もチェック!
☞「NADIA Orientaldance Arts, Singapore」の詳細はこちら



Special Interview

2022年2月半ば、4月号の特集巻頭インタビューのため、NADIAさん宅にお邪魔して、沢山お話し聞かせていただきました。まず、お宅のインテリアが素敵!そしてなんと、パルティ取材のために、素敵なお花まで生けてくださっていました。NADIAさんのインタビューを最後までお楽しみください!




コロナ禍で公演中止が相次ぎ、絶望!

2020年初春、コロナの大波が世界を一変させ、NADIAさんが準備を重ねてきた10周年の記念公演やアジア各地でのイベントは全て中止に……。大きく落胆しつつも気持ちを切り替え、NADIAさんはオンラインレッスンを開始。さらにデジタル化したショーを展開するなど新たな挑戦を試みてきたと言います。

「コロナの今、家の中で過ごすことが多くなり、生きている意味すら見失う方も。私も積み上げてきたエンタメ業界での仕事がゼロになり、その大きな変化に落ち込みました。そんな私をもう一度奮い立たせてくれたのは、コロナ禍も以前と変わらず、信じてついてきてくれた生徒さんたちの存在。スタジオでの対面レッスンからオンラインに切り替える瞬間は正直、勇気がいりましたが、それは想像したよりずっと可能性に満ちたイノベーションでした。」




小さなときめきを拾う能力を磨く

「かつての私はアジアで活躍する!といつも意気込んでいました(笑)。過去に得た栄光も誇りに思います。一方、今はその経験を生かしてステイホームしながらも、”心ときめく瞬間”を、多くの方に届けられないかと思うようになりました。」



「例えば、ZOOMを開くといつもそこに、元気な笑顔がある。世界各地からリアルタイムで繋がって、出会いや絆が築ける。対面でのイベントができないなら、デジタルでの演出を考え、オンライン上ですればいい。抑制されるからこそ芸術が花開いた歴史に思いを馳せたりしています。」



「『できない・ない』の中から何ができるか?『ゼロから1』の発想を閃く力を、そして物事の本質を見て感じる力を、良くも悪くもコロナがきっかけで高められた気がします。」

「日常では、丁寧に料理したご飯を美味しいと味わったり、植物を育ててみたり。ニュートラルな自分軸を持って、些細なことでも感動する心を忘れなければ、気持ちは老けないものですよね。ときめきは命の輝きであり、魂が喜ぶことを続けていくことは、見た目の若さに繋がります。究極のアンチエイジングはここから始まるのではないかと思います。これはコロナ禍の制限生活の中で得た”キヅキ”です。」下記写真は、ボタニックガーデンで娘さんと。




人生観を変えたベリーダンス

2005年に来星、企業に勤めながらベリーダンスの稽古に通い、国際コンペでの輝かしい受賞、有名メディアや国際的な舞台への出演など、瞬く間にアジアのトップダンサーの一人として躍り出たNADIAさん。

「人生で初めてベリーダンスを教わった日、これで私は生きていくんだ!って直感したんです。その後、すぐに本場のエジプトやトルコへ渡り、数多くの著名な先生に師事し、基礎から学びました。ベリーダンスは、西洋音楽とは全く異なる音階で奏でられる、アラブ音楽で踊るのですが、音階やリズムがそれまで聴いたことのなかったミステリアスな感じで、とても惹きつけられました。踊りには女性らしい表現が散りばめられ、エネルギーが臍の底(子宮)から湧き上がり、”女性らしく開花していいんだよ” と自分を肯定されたような気持ちになります。私のようにある程度年齢を重ねた上で、ベリーダンスにハマる女性が多いのは、それが理由かも知れませんね。」




ベリーとヨガで女性らしい美を追求

現在、NADIAさんのオンラインレッスンは、シンガポールだけでなく、東京や大阪など日本全国から、そしてアメリカやヨーロッパなど時差のギャップを超えて受講する方も多数! クロストレーニングとして20年続けてきたヨガも、ベリーダンサーとしての観点で指導するレッスンが大好評に。



「年齢と共にさまざまな変化を迎える女性の体は、とても神秘的ですよね。その変化を前向きに受け止めたくて、私は日頃から、子宮を軸に踊るベリーダンスと並行して、ヨガで丁寧に心身を整えています。骨盤内の血行を高められるようなポーズを積極的に取り入れ、心と体の”つながり”を感じるひととき。心身をニュートラルに戻すことで、日常の”小さなときめき”も敏感に拾えるようになりますよ。」



内面からの美と強さを更に高めた“新生NADIA”の魂のこもったダンス動画は、毎日インスタ(Instagram:@nadia_sueoka )で世界へ発信中。舞台の上でのリアルなNADIAさんを見られる日も待ち遠しいですね。



NADIAさんの1日のルーティン


7:30 朝食
シャワー、メイクの後にしっかりめの朝ごはん。ゴーヤジュース、ゆで卵2個、たっぷりのフルーツと、パンが定番。朝食後、娘を幼稚園へ送り出す。



サラサラと飲みやすく
美味しいゴーヤジュースの作り方(2人分)

ゴーヤ1本、バナナ1本、ミルクコップ2杯分、氷2個をミキサーで混ぜるだけ。ゴーヤの種ワタを丁寧に取り除くのが、美味しく作るコツ。ゴーヤは1週間分をウェットマーケットで買ってきて、種ワタを取り除いたものをジップロックに入れて冷凍保存。




10:00 レッスン開始
1日3本、休憩なしで教える。オンライン上でも伝わるポジティブオーラをシンガポールの明るい太陽と共にお届け。ヨーロッパ、米国、香港、シンガポール、日本各地からリアルタイムで繋がれるオンラインレッスン画面は、まるで「どこでもドア」!




13:00 レッスン後の雑談
オンラインをつないだまま生徒さんたちとダンスの話の他、コロナ禍を前向きに過ごすための”日々のキヅキ”をシェア。受講者からお礼が届くことも。




15:00 遅めのランチ(早めのディナー)
レッスン後はタンパク質を欲しているので魚や鶏肉などをさっと焼いて、自家製の味噌汁などといただく。夜間はプチ断食。この後、自分は食べないが家族の食事の準備をしっかりと。




17:00 アラビア語の学習
週1でエジプト人の先生からオンラインでアラビア語を学ぶ。いつかエジプトへ留学したいという夢も。




19:00 ヨガレッスン
解剖学に基づいた解説と共に指導。在宅ワークなどで凝った背骨を丁寧にほぐし、骨盤の歪みを整え、程よい疲労感とリラックス効果を狙う。




21:30 自分の時間
娘の寝かしつけ後、映画鑑賞などを楽しむ。色彩感覚やカメラワークなどの演出に着目。就寝前に脚をアロマオイルでマッサージし、8時間睡眠を取る。




コロナ禍でも”小さなときめき”を見つけ、日々の生活を丁寧に暮らし、オンラインで世界中の受講生たちにポジティブオーラ満載のレッスンをお届け中のNADIAさん。
素敵な素敵なお話をたくさんありがとうございました。

NADIAさん主宰の「NADIA Orientaldance Arts, Singapore」では、基礎・振付・ヨガの3種類のオンラインレッスンを展開、サブスク制でとってもお得ですよ!上達したらデジタル発表会への出演チャンスもあり。この春からは、いよいよ対面レッスンも再開予定♪
☞「NADIA Orientaldance Arts, Singapore」の詳細はこちらから