ライフスタイル

シンガポールでの不妊治療にオススメのクリニックとは?

ベビー待ち夫婦の心にしっかり寄り添う「オーダーメイド治療」

今回、シンガポールの不妊治療について教えてくれたのは、グレニーグルス総合病院内にある日系クリニック・日本メディカルケアの院長であり、産婦人科医の鍋島先生。
グレニーグルス総合病院は、高度な医療設備へのアクセスがよく、ワンストップの医療サービスを受けられます。
鍋島先生は、在星歴も長く、海外での妊活・妊娠・出産をしっかりサポートしてくれます。
数千例のお産を取り上げた経験があり、シンガポールでもローカル医とタッグを組んで分娩まで担当。
日本の大学病院では不妊チームで、高度生殖医療に携わり、不妊症に関する知識も豊富です。

カウンセリング&基礎検査はお早めに
まずは「知る」ことが第一歩

「受診したら即治療ではなく、私はカウンセリングをとても大切にしています。
話をしながら、子どもに対するご夫婦の考えが明らかになっていくことも多いです。
子どもは欲しいけれど治療までしてはいらないという結論に達することも。
私はお二人の意思をしっかり聞き、そのうえで正しい知識やアドバイスをお伝えしたいと思っています。
実際、生理周期やタイミングを理解してトライすれば、治療の必要がない方も多いんです。

ただ治療はしなくても、基礎検査だけは早めにお勧めしています。
何か大きな問題があった場合、いくら自然妊娠を目指して頑張っても結果が出にくいからです。

実は男性の検査もすごく大切です。
WHO(世界保健機構)が定期的に調査をしているのですが、世界的に精子の数が減少しており、男性不妊が特別なことではなくなっています。
とくに先進国では、デスクワークや環境因子が影響しているようです。
精子に問題がある場合は、体外受精、特に、顕微授精が有効なので、早めに治療のステップアップを検討します。

何はともあれ、まずはお二人でカウンセリングを
あまり構えずにいらしてくださいね」

シンガポールでの不妊治療を最大限にバックアップ!

不妊治療はメリハリが大切です。
年齢、出産歴、ご夫婦の意思を考え合わせ、ある程度のスピードでステップアップをしていきます。

まずは当院でタイミング療法
次のステップでは専門医にご紹介して、人工授精、体外受精と進んでいきます。

シンガポールで治療するのであれば、グレニーグルス総合病院内の専門医を紹介できるので、必要に応じて私も近くでサポートします。
もし日本で治療を希望される場合も、実績のあるクリニックを紹介可能です。
日本の医師と連絡を取り合い、妊娠判定だけ当院で行うなど、臨機応変な対応もできます。

現在、日本とシンガポールでは体外受精の成功率はほぼ同じと考えてよいと思います。
ただ日本のほうがコストは抑えられます。
シンガポールではコストが高い分、1回当たりの成功率を上げるために薬を多めに使用する傾向がありますが、体の負担が心配な方は、薬量の調整も可能です。

もし体外受精にチャレンジするのであれば、37~38歳が成功率のターニングポイント。
日本では規制がありませんが、シンガポールでは43歳までと決まっています。
ただ不妊治療が100%有効かというと、必ずしもそうとは言い切れません。
治療をやめてストレスから解放されたら自然妊娠をしたというケースも少なくないのです。

ナチュラルな気分で赤ちゃんを待てるよう、心と体に耳を傾けながら、方針を決めていきましょう」

どんな検査や治療を経てステップアップしていくの?

実際にどのような形で検査や治療が進められていくのか、日本メディカルケアで提供している不妊治療法をもう少し詳しくご紹介します。

step1:基礎検査 @日本メディカルケア

基礎検査は、女性と男性どちらも必要です。

<女性>
・診察(初診含め5回程度)
・ホルモン検査
・子宮卵管造影
・超音波検査(子宮・卵巣の形態チェック/ 卵胞発育・排卵)
・フーナーテスト
・黄体ホルモン測定

<男性>
・精液検査

※「日本メディカルケア」での上記検査パッケージ料金 $1,000。検査ごとのお支払いも可能

step2:タイミング療法 @日本メディカルケア

超音波検査などから、排卵時期を見極め、性交渉のタイミングを指導し、自然妊娠を目指す
自然に卵胞が育つのを待つ「自然周期」と、飲み薬や注射などで排卵誘発剤を使用する「刺激周期」がある。
生理周期に合わせて、月に平均2~3回通院。

step3からは、日本メディカルケアが紹介・サポートしてくれて、専門クリニックでの治療となります。

step3:人工授精 @専門クリニック

排卵期に調整精子を直接子宮内に注入し、妊娠率を高める

シンガポールでの平均的な人工授精の治療費は$1,500〜$2,000程度
(1か月間の診察、薬、超音波検査、精子調整、人工授精などの費用全て含まれています。)
※治療費はクリニックや患者さんの状況により異なります

step3:体外受精 @専門クリニック

女性の卵子を取り出し、精子と受精させてできた受精卵を子宮に戻して着床を促す

シンガポールでの平均的な治療費は$10,000〜$15,000程度
(1か月間の診察、薬、超音波検査、採卵・採精、受精、胚培養、胚移植、妊娠判定などの費用全て含まれています)
※治療費はクリニックや患者さんの状況により異なります

まとめ

豊富な知識と経験を持ち、いつも朗らかで話しやすい鍋島先生。
赤ちゃんを望むご夫婦はぜひ早めに“二人で” 受診してほしいと語ります。

シンガポールで不妊治療に悩んでいたら、日本メディカルケアの鍋島先生がおすすめです。
ぜひ一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

日本メディカルケアの詳しい情報はこちら