ライフスタイル医療

【日本メディカルケア】
家庭医×産婦人科医 の「日本メディカルケア」は家族まるごとフルサポート

いつでも心強い家庭医×頼れる産婦人科医
Wタッグで家族まるごとフルサポート

オーチャードに程近い、最先端の医療設備が整うグレニーグルス総合病院3階にある「日本メディカルケア」。


家庭医として23年、当地でも経験豊かな佐藤先生が仲間入りし、当院はさらに充実。生まれたばかりの新生児からお年寄りまで、診療科目を問わず幅広い知識を持つ家庭医は、病気の裏にある生活環境までも見渡せるスペシャリストで、日本の歴とした家庭医療専門医は、当地では佐藤先生ただ一人。患者さんの病気だけでなく、心の面にも関わりたいと語る家庭医の佐藤先生。



どこの科を受診したら良いの?たらい回しに合うかも…… なんて心配は不要、あなたの心に寄り添いながら、解決の糸口をきっと見つけ出してくれます。高度な医療設備が整う環境だからこそ、迅速な治療も可能です。グレニーグルス総合病院の個室はキレイで快適。



女性特有のお悩みは、産婦人科の鍋島先生とタッグを組み対応。鍋島先生は、数千例のお産を取り上げた実績があり、当院でもローカル医師と共に分娩まで担当。不妊治療や乳がんなども熟知しており、どんな悩み相談にもじっくりと耳を傾けてくれます。朗らかで、的確な診断とアドバイスをくれる産婦人科の鍋島先生。年に一度は婦人科検診を。



出産前後のケアは鍋島先生、生後1か月以降の赤ちゃんは佐藤先生へとスムーズに引き継がれ、乳児健診やワクチン 接種、風邪などの外来診療まで全面的にサポート。助産師の松本さんも、海外での妊娠・出産に不安なあなたのために、きめ細やかに親身に対応してくれますよ。おっぱいに関するお悩みや乳腺炎の際におっぱいマッサージを受けることも可能。卒乳の相談もどうぞ。






診療科目

● 内科 ● 小児科 ● 外科 ● 産婦人科
● 皮膚科、その他一般診療 ● 予防接種(一部要予約)
● 乳幼児健診 ● 健康診断(予約制)
● 各種ドック検診(予約制)・専門医紹介・入院など





感染症対策
シンガポールで気を付けるべき感染症と対策

家庭医の佐藤先生
「予防接種についてのご相談もお気軽にどうぞ」



突如発生し、全世界に広がった新型コロナウイルスの影響が大きく広がっています。シンガポールで行うべき対策はどこも同じで、こまめな手洗いが中心となります。しばらくはこのような状態が続くと思われるのでご自身の体調管理に注意をしていきましょう。

さて、シンガポールでは新型コロナ以外にも気を付けることがあります。それはデング熱とインフルエンザです。デング熱は昨年も猛威を振るっていたのですが、今年も毎週平均350名ほどの罹患が報告されています。また、シンガポールでは5~7月にかけて南半球で発生するインフルエンザの流行がみられます。新型コロナウイルスと異なり、インフルエンザには予防接種があります。冬シーズン分の接種では効果が十分でない場合もありますので、今季南半球の流行が起こる前にもう一度接種するようにしましょう。




病院の情報

住所 6A Napier Rd #03-31 Annexe Block Gleneagles Hospital
(タングリン側植物園隣り)
電話番号 6474-7707/6479-3722
(健康診断/オンライン申込可)
診療時間 月~金 9:00~12:00、14:00~17:30
土 9:00~12:00

時間外診療はグレニーグルス総合病院の
24時間救急外来(英語診療)
☎ 6470-5688
休診日 日曜、祝日
Webサイト
SNS
www.nipponmedicalcare.com.sg

※2020年4月1日時点の情報です。